2016.09.28

出会いを逃す…!「この子彼氏いるな」と勘違いされる女子のSNS投稿

SNSの投稿を見て、「あー、絶対この子彼氏いるな」なんて思ったことはありませんか?

もしかしたら、アナタの投稿もそう思われているかもしれません。彼氏募集中なのに「彼氏がいる」なんて勘違いされてしまっては、そこから始まる恋愛はどんどん少なくなってしまします。

そこで今回は、「この子彼氏いるのかな?」と勘違いされるようなSNS投稿について紹介いたします。皆さんもやっていないか、チェックしてみて下さいね!

1.ひとりで写っている写真を投稿

「相手が写っていなくてその子がピンで写っている写真が投稿されていたら、もちろん撮っているのは男だろうなぁって思っちゃいますね。」(21歳/学生)

家族旅行で家族の写真を載せるのが恥ずかしくなった場合、写真嫌いな友達とご飯に行った場合など、自分がひとりで写っている写真をSNSであげる機会もあるかもしれません。

ただこれ、一番彼氏の存在を疑われる投稿になってしまうんです。投稿を見た人たちからすれば、その写真を「撮った」存在が気になってしまうもの。意味深にひとりで写った写真を載せるのはやめておいた方がベターですよ。

2.凝った手料理をアップ

「凝った手料理をアップしていたら、これは彼氏のために作った料理なんじゃないかな、なんて疑っちゃいますね。美味しそうでも、他の男に作っているって考えたら何も感じないです。」(23歳/保険)

せっかくの女子力アピールも、やりすぎると「男に作っている」と勘違いされてしまうみたい。

豪華な料理で家庭的アピールをしたいなら、「作ってみたけど、食べてくれる人がいない…」とコメントでしっかりと独り身アピールを忘れないように。そうすれば「こんな手料理食べたい!」とフリーの男子たちが食いついてくるはずですよ。

3.「楽しかった」などの感想

「『今日は楽しかった~』とかだけつぶやいて詳細がないと、彼氏と遊んできたのかなって考える。友達と一緒だったら集合写真とか遊んだ内容とかがついてそうだからね。」(22歳/学生)

何気なくつぶやいたこんな言葉でも、気になる人は気になってしまうみたいです。

彼氏の存在を勘違いされないようにするためには、「誰と、どこで、何をしたか」をしっかり明記すること。意味深な感想の投稿は確実に疑われる対象になってしまうので、彼氏募集中であれば控えた方がよさそうです。

4.明らかに趣味ではない所に行く

「俺の女友達、確実にサッカーとか趣味じゃないはずなんだ。でもこの前サッカー観戦に行っていて、絶対彼氏と行っているんだろうなぁって思ったわ。」(23歳/アパレル)

お父さんや兄弟に誘われてスポーツ観戦、そんなこともたまにはあると思います。ただ、本人にはそんな趣味がないのに、男性が好きそうな所に行っていると、彼氏の影がチラついてしまうみたい。

恋人と行っていないことをしっかりと言いながら「サッカー好きになりそう!」などとそれに対してコメントすれば、他の男性からのお誘いの言葉もかかるかもしれませんよ!

おわりに

いかがでしたか?

彼氏絶賛募集中なのであれば、このようなSNS投稿は控えるように。男性は基本的に草食系です。他の男性の影がチラつく女性にアプローチをする人はほとんどいないので、まっさらであることをきちんとアピールした方が身のためですよ!

反対に、「当分彼氏はいらない」と考えているのであれば、思わせぶりのSNS投稿をして男性を寄せ付けない、なんて応用テクニックも。

自分の立場に応じて使い分けてみてくださいね!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事