2016.09.29

コレだけはいつも持ち歩いて!メイク崩れを超時短で直すアイテム

秋が深まるにつれ空気が乾燥してくると、せっかくきれいにお化粧した肌もカサつきやすくなります。メイク直しをする機会が増え、女性にとって面倒な季節といえそう…。

いつでもバッチリのお化粧で乾燥の季節をのりきるために、今回は、超時短&簡単にできる秋冬のメイク直しについてまとめました!

☆カサカサ肌を「ミスト」でさっとお直し!



ファンデーションやパウダーをのせた肌は、乾燥した空気でカサカサになりがち…。肌のカサつきは、水分を求めている証拠、すぐに化粧水を塗ってあげることが重要です。

でも手が汚れてしまうので、外出中に化粧水を塗るのはちょっと…。そんなときに便利なのが、ミストタイプの化粧水です。カサついた部分へミストをさっと吹きかけるだけで、水分を簡単に補給できますよ!

☆「乳液」で保湿効果を高める!

休憩時間や電車の待ち時間にさっとできるミストによる水分補給ですが、実は、それだけではまたすぐに乾燥してしまいます。

ミストの後に忘れてはいけないのは、乳液によるガード。保湿効果に加え、肌への刺激の少ない乳液は、持ち歩きやすい小瓶タイプを用意しておくといいでしょう。トイレに立ったついでなど、タイミングを見計らってささっと塗ってくださいね。

☆アイメイク直しには、「綿棒」が活躍!

目元のメイクも、乾燥によって崩れやすいポイント。でも、崩れるたびに手で直すのはかなり面倒だし、手が汚れ、メイクも雑になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、綿棒を使った簡単な化粧直し。綿棒に化粧水をつけ、メイクが崩れている箇所をピンポイントでこすってみてください!化粧水の油分で、少しすべらすだけできれいに汚れをとることができますよ。

外出先で化粧水が手元にない場合は、リップクリームでも代用可!ぜひ試してみてくださいね。

☆化粧崩れを防ぐ、朝メイクのテクニック!

簡単にメイクを直す方法があるとはいえ、できることなら直す回数を減らしたいものです。そこで、朝メイクを根本から見直してみましょう。

まず、ファンデーションのつけすぎはNG!メイクにしわが寄る原因になってしまいます。ファンデーションは薄く、均等につけることが何より大切。また、ベースメイクを始める前には必ず化粧水をつけ、メイクのノリをよくしてくださいね。

朝メイクをなおざりにしないことが、結果的には、いちばん時短につながりそうです。

☆乾燥の季節を乗り切ろう!

秋から冬にかけての乾燥シーズンは、女性にとって悩める時期。ミストと化粧水、綿棒は、常にカバンの中にいれておくと重宝しますよ!ちょっとした工夫で、化粧崩れに負けない秋冬を過ごしてくださいね。(あんと/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事