2016.09.29

「むしろ気持ち悪い…」告白されてそう思った私っておかしい?



こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。
今回はこちらの高校生の女の子から寄せられたご相談についてお答えしていきます。

「昨日初めて告白をされました。
告白してきた人は同じクラスの人なのですが、つい最近関わりがあった程度でそれまでは全然関わりがありませんでした。その人はやたらとベタベタと触ってくる気がして嫌でした。頭や手はまだいいのですが、脇をこちょこちょしたり顔を触ったり、告白する前は抱きつかれました。正直言ってドキドキも微塵もしませんでした。気持ち悪いとも感じてしまいました。
そんなこと思ってしまう私はおかしいのでしょうか?また、告白は断ろうと思うのですがどのように断ったら良いでしょうか?」

好意のない相手に告白された場合、どう対応すべきか迷ってしまいますよね。
気持ちは嬉しいけど、お付き合いはできない場合、
お断りするための方法や、実践したいことを考えてみましょう。

好意を「気持ち悪い」と思ってしまうことはある

相手のことを「気持ち悪い」と思うのは変?そんなことはありません。
相談者さんは、「彼からのボディータッチを気持ち悪く感じた」と書いていますが、それはきっと関係が浅く、好きでもない相手に近距離で触れられたことによって、そう感じているのです。

彼はおそらく、あなたのことが好きで、近づきたいという気持ちが高ぶってしまったのでしょう。不器用ながらも、気持ちを全力で表した結果“あなたに触れる”という行為にたどり着いたのだと思います。
確かに女性の気持ちを理解した行動ではなかったと思いますが、そんな彼のピュアな気持ちに気づくことができれば、気持ち悪さを少し軽減できるかもしれません。

お友達の期間を作ろう

彼とはまだそんなに親しい関係ではないようだったので、告白を受けてから“お試し期間”のような形で、彼と話してみるのもひとつの手です。

そのときはしっかりと「まだあなたのことを知らないし、今は判断できないから、お友達としてちゃんと仲良くなってから決めたい」など、正直に今の気持ちを伝えましょう。
「ボディータッチも苦手だから、やめてほしい」と、もしそのときに伝えることができれば、彼のその後の行動や対応によっては、印象も大きく変わってくるかもしれませんよね。
「この人とは絶対に付き合えない!」と思う相手でない限りは、そうやってしっかり観察し、彼を見つめる時間も大切でしょう。

断るときは、理由を明確に

お断りするときに、「ごめんなさい」だけだと、相手は理由がわからず、気持ちがもやもやとしてしまいます。
あなたを忘れられず、引きずってしまう可能性もあるかもしれません。
彼のためにも、明確に付き合えない理由を伝えましょう。

「他に好きな人がいる」
「あなたの○○な部分は私とは合わない」
「お友達としてしか見られない」
などなど。

はっきり伝えると相手を傷つけてしまうかも?と不安になるかもしれませんが、
中途半端に期待をさせてしまう方が、むしろ相手を傷つける可能性があるのです。
びしっと気持ちを伝えて、「気持ちはうれしかったよ。これからもお友達としてよろしくね」と、微笑んで相手に話せれば、気まずくなることもないはずです。
彼のために、しっかり感謝と本音を伝えましょう。(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事