2016.09.30

イケてない髪型の原因って…?ワックスであか抜けヘアをつくる方法

ヘアワックスは、朝のヘアアレンジをキープするために欠かせないアイテム。いろいろな種類があるので、より効果的に使うには、ヘアスタイルによってうまく使い分けることが重要です。

いまいちイケてない髪型の原因は、ワックスの使い方に問題があるのかも…。今回は、髪型に悩む女子にむけて、ワックスの種類と基本的な使い方をご紹介します!

☆扱いやすい「クリームタイプ」

初心者さんにはクリームタイプがおすすめ。ちょうどいいテクスチャーでほどよくのびるため、手になじんで扱いやすいですよ。ほかのタイプに比べて水分量が多く、髪を固めすぎないので手直しも簡単です。

突出した特徴はありませんが、だからこそ、慣れていない初心者さんには使いやすいタイプ。ヘアケア成分が含まれているものもありますよ。

☆セット力がある「ファイバータイプ」

もっとしっかりセットしたい!そんな方には、ファイバータイプがおすすめです。名前のとおり、繊維が多く含まれているワックスで、粘り気が強く、糸をひくようなテクスチャーが特徴的です。

毛先に動きをつけるヘアスタイルには、もってこいのアイテム!クリームタイプよりも油分が多いため、髪にツヤ感を出やすいのも魅力です。でも、つけすぎると髪の毛が重たくなってしまうので注意しましょう。

☆軽い質感をキープ!「ドライワックス」

がっちりとキープするのではなく、軽い質感がほしい人にはドライワックスがおすすめです。クリームやファイバータイプほど、のびやツヤ感はありませんが、油分が少ないのでフワッと軽い質感でセットできますよ。

毛束を作るアレンジには向きませんが、やわらかい髪質の人にはなじみやすく使いやすいでしょう。クレイ・マットというふたつの名称がありますが、両方とも名前が違うだけで同じドライワックスの種類に分類されます。

☆基本的なワックスの使い方

ワックスは、使う量すべてを手に取るのではなく、少しずつ手にとり、少しずつ髪の毛につけて調節しながら使うと失敗しません。量の目安としては、大豆1個分程度が丁度よいです。また、指先だけにとるのではなく、指の間までなじませておくと髪の毛になじみやすくなります。

ミディアム~ロングヘアの人なら、髪の毛の中間から毛先にかけてくしゅくしゅともみこむと、エアリーな質感を出すことができるでしょう。ワックスをつけたあと、アレンジした部分にヘアスプレーを吹きかけると、よりキープ力を持続させられます。

☆ワックスを使い分けてヘアアレンジ上級者に!

ワックスは自分の髪質や、好みのアレンジに合わせて試してみることをおすすめします。ワックスを使い分けてヘアアレンジの幅を広げましょう!(カジヤマシオリ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事