2011.08.22

内面から女子力アップ!雰囲気美人になる方法

外見がいいとは言えないのに、なぜか女らしくてきれいに見える…。そんな人、まわりにいませんか?そういう女性は、おそらく「内面女子力」が高い人なのでしょう。外見女子力はメイクのコツでなんとかなりますが、「内面」は持続的な心がけがないと達成できません。

今回はそんな「内面女子力」をアップさせ、雰囲気美人になる方法をお教えします。

■女子力アップの方法

よく、女性芸能人などは「オーラがある」とか「華がある」なんて言いますよね。このオーラや華が、「内面女子力」のことです。

では、これらをアップさせる方法についてご紹介しましょう。


(1)部屋に花を飾る

人間には、「目に入る対象に自分を近づけていく」という習性があるそう。可憐な花を毎日見ていれば、しぐさや雰囲気にその可憐さがプラスされていくでしょう。「お花」は、女子力アップには欠かせません。


(2)部屋着にこだわる

「見えないところ」にこだわりを持つのが、女子力アップの近道。

自分の部屋で過ごす時間は、誰からも見られないプライベートなものですよね。「誰にも会わないからいいや…」と気を抜くのではなく、誰にも会わないからこそ、ファッションにもこだわるべきなのです。

ぼろぼろのジャージや伸びたTシャツなどを部屋着にしている方、いませんか?性格は身につけているものに馴染みやすいので、注意が必要です。下着も常に新しくてきれいなものを身に着けることをおすすめします。自分の体に直接触れるものだからこそ、着心地がよく、かわいいものを選びましょう。


(3)ネイルをきれいに保つ

「女子力」がいちばん表現できるのは、じつは手元なのです。とはいえ、華美すぎるネイルアートは逆にマイナスポイントになります。

ほんのりピンクできれいに磨かれたネイルが、女子力アップには好ましいでしょう。清潔感のある手元は、しぐさを美しく見せることもできるので、ぜひ意識するようにしてみてくださいね。


(4)ゆっくり、ていねいなしぐさを心がける

何気ないしぐさでも、なるべくゆっくり行うことを心がけましょう。せかせかしていては、女子力はダウンしていく一方です。雑な印象まで持たれてしまうかもしれません。

たとえば消しゴムを拾うときも、そのまま手を伸ばすのではなく、きちんとかがんで取りましょう。エレベーターのボタンを押すときは、指先を意識して。自分のしぐさのひとつひとつを美しく見せることが重要です。

また、姿勢ひとつで印象は大きく変わります。猫背でうつむいた人には、なんとなく暗いイメージを抱いてしまいますよね。きれいな姿勢を維持すれば、自分に自信を持てるうえに、いきいきとした明るい印象を持たれるようになりますよ。


(5)料理をする

毎日は難しいかもしれませんが、たまには自分だけのために料理をしてみては?作った料理をSNSなどにアップすることを習慣にすれば、モチベーションも上がるはず。いつか恋人に振舞うときのための自信にもつながりますよ。


(6)香水やアロマを使う

落ち込んで眠れない夜はリラックス効果のある香り、目覚めが悪い朝はリフレッシュ効果のある香りなど、気分に合わせて香水やアロマを使ってみましょう。 

いい香りで女子力がアップするだけでなく、自分自身の感情をうまくコントロールできる魅力的な女性になれるはずです。ただし、使う量には気をつけてください。あまりにも強すぎる香りは、男性を遠ざけてしまうかもしれません。


(7)映画などの芸術に触れる

映画や絵画などで、「美しい」とされる女性を見るようにしましょう。そういった作品に感情移入したり、感動することは女子力アップにつながります。見終わったあと、新しい目標や理想の女性像ができていれば完ぺきです。


(8)過去の恋をきれいに終わらせる

素敵な恋愛ができる人の共通点は、過去の恋愛をきれいに終わらせていることです。きちんと過去の恋愛を終わらせた女性には、次々と新たな恋愛がおとずれます。

いつまでも未練がましくいると、次の恋愛がおとずれないうえに、女子力もどんどん減ってしまいますよ。きちんと将来を見定められる女性になりましょう。


さて、もっとも気になるのは「男性はどんな人に女子力を感じるのか」ですよね。どんなに努力しても、彼に気づいてもらえなければ意味がありません。そこで、「女子力が高く見えるポイント」を男性に聞いてみました。

■男子が「女子力が高い」と感じる会話中のポイント

(1)いつも笑顔

「やっぱり笑顔でにこにこしながら話してくれる子は女子力あるなーって思う。会話もはずむし、気づかいがある感じ」(22歳/学生)

笑顔には、癒し効果があるといいます。無表情でトゲトゲしい人よりも話しかけやすいですし、なにより一緒にいて楽しいですもんね。


(2)話を聞くのが上手い

「話を聞くのが上手いこと。自分があんまり話すのは得意じゃないから、女の子に一方的にガンガン話されると引いちゃう。自分が話すだけじゃなくて、相づちが上手くて、相手が話しやすい雰囲気を作ってくれる女の子ってすごくいいなと思う」(25歳/販売)

会話はキャッチボールを意識するといいかもしれません。楽しいことはどうしてもたくさん話したくなってしまいますが、きちんと彼の言葉にも耳を傾けられる「聞き上手」を目指しましょう。


(3)結論から話す

「オチのない話をダラダラ長々する女子は嫌い。聞いてると、なにが言いたいの?それでどうしたの?ってめっちゃイライラするし。先に要点を話してほしい」(24歳/事務)

「今日こんなことがあって」と結論から話して、もし興味がありそうだったら続きを話すようにすると良いかも。興味がなさそうな話をどんなに長く続けても、興味をもってもらえることはないですからね…。


(4)ていねいな言葉を使う

「言葉づかいがちゃんとしてる人は女子力があるなと思います。初対面なのにいきなり馴れ馴れしく話しかけてくる人は無理ですね。それと、語尾をのばすような話し方をする人は、だらしなく見える気がしてしまいます」(26歳/公務員)

「語尾」は、その人の品性が現れる部分ですよね。流行の略語を使いすぎるのも、女子力ダウンの原因です。きちんとした言葉を、ていねいにゆっくり話すことを心がけましょう。

■男子が「女子力が高い」と感じるファッション

(1)揺れるアイテムを身につけている

「ピアスとかのアクセサリーが風で揺れていると、つい目で追ってしまいます。スカートの裾がヒラヒラと揺れるのもイイですね」(25歳/販売)

男性は本能的に、揺れるものには心惹かれてしまうのだとか。ポニーテールが好きな男性が多いのも、同じ理由なのかもしれませんね。


(2)ピンクや白を身につけている

「やっぱり女性らしい色づかいがポイントだと思います。テッパンは、ピンクか白じゃないですかね」(24歳/接客)

全身ピンクや白だと甘すぎてしまうかもしれませんが、うまく取り入れることがポイントです。ふだんクール系やボーイッシュ系ファッションを好んで着ている方も、小物やアクセサリーで取り入れればアクセントになりますし、女子力アップ間違いなしですよ。


(3)季節に合わせた服装をしている

「夏なら涼しげな生地とか、冬ならふわふわしたものとか、モコモコしたものとか。女子のファッションの流行とかはよく分からないけど、季節に合った服装をしてる子は女子力ありそう」(21歳/学生)

肌触りが良さそうな素材を選ぶのもポイントかもしれませんね。特に、ふわふわやモコモコのものは女性の特有のファッションと考えている男性も多いようなので、かわいさアピールには有効といえそうです。


(4)露出しすぎない

「露出しすぎは完全にNG。色っぽいっていうか、汚く見える…。チラ見せで男の創造性をかき立てられる女の子は、わかってるなという感じがします」(28歳/事務)

清楚なファッションが女子力のポイントのようです。背中や胸元が大きく開いたトップスを着るときはロングのボトムスを選ぶ、脚を出すボトムスのときはシャツやカーディガンなどを羽織るといった工夫をしてみてはいかがでしょうか?


これらのポイントを意識すれば、女子力アップは間違いなしです!とはいえ、それを過剰にアピールするのはNG。「勘違い女子力アピール」は男子に悪印象を与えてしまうかもしれません。

■イメージダウンしてしまう女子力アピール

(1)指摘が細かすぎる

「友達で集まってBBQとか宅飲みとかしてるとき、『料理教室で習ったんだけど、そのやり方違うんだよ~』って言ってきたり、『ふだん料理しないでしょ~』ってほかの女の子をバカにしたり、『もう全部私がやるから食器洗っててくれる?』って指示しはじめたり…。みんなで楽しく料理してる雰囲気が台無しだし、『私、料理できます』アピールもたいがいにせぇよと思う」(27歳/営業)

これは料理に限らず、ほかの家事にも言えるかもしれませんが、あまりに細かい指摘は場の空気を重くしてしまいそうですね。せっかく技術があるなら、さりげなくサポートするといいと思います。


(2)きれい好きすぎる

「雨の日のデートとか、アウトドアをめちゃくちゃ嫌がる。気に入ってる靴が汚れるのが嫌とか最悪とか言われても、じゃあ汚れてもいい靴はいてきてよとしか言えないし。きれい好き=女子力じゃないよね」(23歳/接客)

デートのときはいつもきれいな私でいたい、という気持ちも分かりますが…。雨の日もアウトドアでも、一緒に楽しめる女子のほうがきっと魅力的ですよね。


(3)メイク直しの時間が長い

「メイクが崩れてボロボロの子も女子力低いなーとは思うけど、電車で移動中にメイクし始める子とか、デート中にメイク直しがやたら多かったり長かったりする子はマジで女子力ないと思う。ある程度は直さなくていいくらい化粧してから来てほしい」(22歳/学生)

移動中のメイクは周りにも迷惑をかけてしまう可能性がありますし、メイク直しは「こっそり、手早く」を意識することをおすすめします。メイクポーチに入れて持ち歩くのも、必要最低限のものだけにしてみては?

■おわりに

笑顔とちょっとした気づかいを意識するだけで、格段に女子力アップしますよ。ただし、アピールするときはあくまでも「さりげなく」が重要です。ぜひ、試してみてくださいね。


※この記事は、以下の記事を再編集・追加して作成されたものです。
・内面から女子力アップ!雰囲気美人になる方法
・モテ意識はもう古い!女子力アップ法8つ
・男子との会話!女子力アップのコツ
・男子が思わずグッときちゃう「女子力ファッション」4つ
・要チェック!嫌われる勘違い女子力アピール5連発

(ハウコレ編集部)

関連記事