2011.08.22

クラブを120%楽しむために知っておきたい5つのこと


 

音楽が大音量でかかり、自由にダンスやお酒を楽しめる「クラブ」。

しかし、なかにはちょっと「コワイ」ところ…だと思っている方もいるのでは?

そこで今回は、クラブを最大限にたのしめちゃう方法をご紹介します。

ファッションは目的別で選べ!

ドレスコード(服装規定)があるようなクラブは別にして、基本的にクラブへの服装は自由。


思いっきり踊るのが目的なら、パンツにラフなスニーカーといった、カジュアルなスタイルで決めましょう。


また、普段はできないおしゃれを楽しみたい! という方は、肌の露出が高めのドレッシースタイルに挑戦して。


 クラブのなかは基本的に暑いので、軽装のほうがGOOD。

クラブは照明が暗いので、派手なメイクやファッションなどにも手軽に挑戦できますよ。ぜひこの場を利用して、非日常をたのしみましょう。

クロークを利用してスマートに楽しむ

クラブには大抵クローク(ロッカー)があります。

クラブのなかで使うものは、せいぜいドリンク用の小銭・ケータイ・デジカメといったものだけ。


なので、クロークに重苦しい荷物はすべて預けて、ちいさなポーチに必要なものだけを入れれば、盗難の心配も少なくてすみます。

何より軽装で歩けるので、もたつかずにスマートですよ。

知らないひととどんどん話してみる

クラブに来ているひとはほとんどが音楽好き。

お酒も入って気持ちがオープンになっているので、どんどん話しかけて仲よくなりましょう。


 ただし女性の場合、いきなり男性に話しかけるのはちょっと危険なので、まずは同性に話しかけてみることから始めましょう。


おすすめは、フロアで踊っているときに一緒に盛り上がってみること!

ストロボが回ったときなどに一緒に歓声をあげて一体感をたのしみましょう。

バーラウンジでは大人な会話をたのしもう

ハイテンションなダンスフロアとは別に、ゆっくりしたラウンジを設けているクラブは多いもの。

こちらでは比較的スローな音楽をかけていることが多いので、カクテルを片手に会話を楽しむスタイルが定番です。


隣のテーブルのグループさんなどのテンションを見ながら、会話に混ぜてもらうのもアリですよ。

クラブは終わってからがお楽しみ!

早朝の5時もまわり、レコードがすべてストップして「さあ帰ろうか…」なんてテンションになったあなた。いやいや、まだ早いですよ。


じつはほとんどのクラブでは「アンコール」的な流れで追加レコードが回される「アフターアワーズ」というものがあるのです。


なので、帰るのはちょっと待って、周囲の雰囲気をすこし伺いましょう。

アンコールが始まったら、そのまま朝まで盛り上がることも!

こんな非日常を逃す手はありませんよ。

おわりに

いかがでしたか?

体いっぱいに音楽を楽しめる「クラブ」
ルールさえわかって慣れてしまえば、お手のものです。
ぜひぜひクールにクラブを楽しんでみましょう。

関連記事