2016.10.01

客引き役をうまく活かそう!学祭での出会いを増やすためのコツ

秋といえば文化祭シーズンですよね。仲間とワイワイ盛り上がるのはもちろん「文化祭で素敵な出会いがあったらいいな…」なんてひそかに考えている女性は多いはず。

そこで今回は「文化祭で彼氏をゲットする方法」について20代男女からの意見をもとにまとめてみました。

1.とにかく連絡先を交換

「私は女子大に通っているので、文化祭は絶好の出会いの場所!遊びに来てくれた男性とはとりあえず連絡先を交換しまくっています(笑)」(20歳/女性/大学生)

「一応LINEだけは交換しておくかな。やり取りをしていて『なんか噛み合わないな…』と思ったら返信しなきゃいいだけだし。」(22歳/女性/大学生)

せっかく他校の男性と知り合えるチャンス!よっぽど「生理的に無理…」と思う男性でなければ、まずは連絡先を交換しておきましょう。それに文化祭で知り合った男性から、さらなる人脈を広げられる可能性もあります。「あのときLINE聞いとけば良かったな…」なんて後悔だけは絶対しないように!

2.呼び込みにまわる

「私は高校生の頃から文化祭では呼び込みにまわることが多いです。そのほうが男性と気軽に話すことができるので(笑)」(21歳/女性/大学生)

「もしよかったらたこ焼き食べに来てくださ~い!」など、一番自然に男性に話しかけることができるのが呼び込み。そこから気の合う男性と仲良くなれることもあるかもしれません。みんながあまりやりたがらない呼び込みだからこそ、仲間からも重宝されて一石二鳥かも!?

3.ノリや見た目を重視

「文化祭はいつもよりちょっと派手にしたほうが良いよ!高校生は可能な範囲でスカートを短くしたり…(笑)でもメイクはナチュラルなほうが男ウケすると思う。」(25歳/女性/受付)

「明るい子は話しかけやすい!だけど見た目がギャルすぎる子はちょっと無理かな…。」(22歳/男性/大学生)

男性側もちょっとお堅そうな女子をナンパするのは勇気がいるもの。一見軽く見える男性だって、内心は「拒否られたらどうしよう…」とドキドキしているはず。ただし、あまり奇抜すぎるファッションやメイクは避けておいたほうが無難。男性が安心して話しかけられるようなノリや見た目を目指しましょう!

4.特定の男性と話し込まない

「ずっと特定の男性と話し込んでいる女子には声をかけづらいよね。普通に『彼氏かな』と思ってしまう。」(22歳/男性/大学生)

たまに文化祭中も男女2対2くらいでずっと話し込んでる人っていますよね。あれって周囲から見たら「カップル同士が話し込んでるな~」としか見えないもの。もしただの友人同士で話しているだけなのであれば、出会いのチャンスを逃していてちょっともったいないかも。仮に「いいな」と思う人がいても、文化祭当日は軽く話す程度にとどめておいたほうが良いかも。

おわりに

文化祭で彼氏をゲットするためには、うまく立ち回ることが大切。
特に「文化祭をきっかけに好きな人を見つけたい」と考えている人は、まずは広く浅く男性と仲良くなるようにしましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事