2016.10.02

英語ペラペラも夢じゃない!経験者が語る「外国人彼氏との付き合い方」

「英語が話せるようになったらいいのになぁ」と思ったとき、その手段の1つとしてよくいわれるのが「外国人の彼氏を作ると早く覚えられる」というもの。でも、文化も言葉も違う男性と付き合うことは決してハードルが低いものではありませんよね。

「気になるけど、ちょっと怖い」という女子も多いであろう“外国人彼氏”。そこで今回は外国人彼氏と付き合った経験がある20代~30代の女子にお付き合いのコツなどについて聞いてみました。

・相手の語学レベルの確認は大事

「ひとくちに英語が話せるといっても、その英語レベルは様々。汚い言葉遣いを覚えてしまったら大変です」(28歳/広告代理店勤務)

「最初に付き合った彼の英語の訛りが酷くて、ネイティブの人に全く通じなくてショックでした。今なら分かるけど、当時は訛ってるかどうかも分からなかった」(26歳/IT関連会社勤務)

英語の習得が目当てで外国人彼氏と付き合うなら、帰国子女など語学堪能な友達に彼を会わせて英語をチェックしてもらうと間違いないそうです。確かに、自分自身、英語ができないと彼の英語がどんなレベルかわかりませんよね。間違った英語を覚えないためにも、彼の語学レベルはしっかり確認しておきましょう。

・付き合う前にエッチは普通

「日本人の感覚だと付き合う前にエッチってありえないけど向こうはそれが普通なんですよね」(24歳/大学院生)

「アメリカ人の感覚だと、エッチも含めて同時進行で複数の異性と会うのはよくあることみたいです」(33歳/テーマパーク勤務)

外国人の彼とエッチする前、「私たちって付き合ってるの?」とはっきり聞いた女性もいました。しかし、「君は何を言っているの?付き合う前に体の相性を確認するのは当たり前でしょ」と言われて日本の常識を主張できなかったとか。もし後悔しそうなら、エッチする雰囲気になる前に彼の考えを聞いておきましょう。

・「専業主婦になりたい」発言は絶対NG

「専業主婦に憧れているんだよね、と軽く話しただけでドイツ人の彼に軽蔑されたことがあります。ヨーロッパでは働かない女性は対等に見られないとか……」(27歳/金融系勤務)

「『君の将来のキャリアプランは?』とデートで普通に聞かれて困ったことがあります」(26歳/アパレル系勤務)

リッチな彼に養われたいと思うのは考えが甘いのかもしれませんね。彼氏のタイプにもよると思いますが、仕事をバリバリ頑張っているエリートな外国人男性と付き合うには女性にも高いレベルでの自立が求められるようです。

・自分から勉強する姿勢も大事

「彼は英語しか話せないので、やり取りは英語のみ。鍛えられます」(31歳/秘書)

「言葉ができないと、ケンカもできない。最初は『好き』『愛してる』を伝えるだけでもいいけど、英語でケンカもしてお互いの気持ちをきちんと伝えられるくらいは相手の国の言葉ができるようになりたいと思って」(25歳/飲食関係)

英語がネイティブの欧米人のなかには、日本に来ても全く日本語を覚える気がない男性もいます。そういった男性と付き合いたいのなら、必然的に日本人女子が英語を取得して覚えて会話するしかありません。彼のため頑張っていたら急速に英語力がアップしたという意見もありました。

おわりに

外国人彼氏ができたら、常に英会話講師の先生と一緒にいるようなもので「自然と英語が身につくのでは?」と期待してしまうところですが、話はそう簡単ではない様子。
また、日本にいる外国人は日本語がそこそこできる場合も多いので、つい日本語で話してしまうと英語は上達しないのだとか。語学のために外国人彼氏を作りたいと思ったら、自ら積極的に英語を話すことを忘れない姿勢が大事になってくるようです。
彼と愛をはぐくみながら、教科書にはない生きた英語を学べて一石二鳥ですね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事