2016.10.05

デキ女の「ゴメン」は優しい!デートの誘いをやんわり断るひと言

興味のない人や職場の人からのデートのお誘い。しっかり断って今後もお誘いはシャットアウトしたいところですが、はっきりと断りすぎて相手を嫌な気分にさせるのは避けたいですよね?

そこで今回は、相手を傷つけずに「やんわりと」デートのお誘いを断る方法を紹介いたします。みんなさんもぜひ、参考にしてみて下さいね!

1.みんなで遊びましょう!

「興味のない人からデートに誘われたらとりあえず『良いですね!みんなで行きたいです!』とふたりは嫌ってことをやんわりアピール(笑)相手がガツガツしていない限りはすんなり諦めてくれる可能性が高いです。」(24歳/看護)

ことあるごとに「みんなで」を強調してみましょう。
「ここのご飯屋さんが…」『みんなで行って色々な料理シェアしたら楽しそうですね♪』
「ここの遊園地が…」『みんなで行ったら盛り上がりそう!』
など、先回りしてみんなと行くように仕向けましょう。

何度も「みんなで」を連発してくるアナタに対して、相手は「さすに脈ナシかな…」と諦めてくれるはずです。

2.ダイエット中だから…

「デートのお誘いって基本的にはご飯なので、『ダイエット中だから…』と言って断ります。これだけだとグイグイくる人もいるけど、『3キロ痩せたら私から誘うね!』とか言えば素直に言うこと聞いてくれる場合が多いですね。」(26歳/保険)

映画館や遊園地などのデートを誘われた場合は難しいですが、基本的にデートのお誘いってご飯が多いですよね。

そんなときはまずは「ダイエット」を理由に断りましょう。「○キロ痩せたら言うので、そのときはお祝いにご飯連れて行って下さいね♪」と可愛く言えば、アナタが目標に達するまで彼は誘ってこないでしょう。

3.予定が分かったら連絡します!

「あくまでもこっちからもう一回連絡するスタンスにすれば、お誘いの回数は減る。しつこく連絡してくるやつもたまにいるけど、『ちゃんと良い子にして待っててください♪』って言えばたいてい黙ってくれるよ。」(23歳/秘書)

こ、小悪魔的方法ですね…!たしかにこちらが主導権を握ってしまえば、しつこいお誘いからはオサラバできる可能性が高いです。

それでもガツガツ誘ってくる場合は心を小悪魔にしましょう。「良い子に待てない人は好きじゃないよ?」などと言ってみれば、相手は尻尾を振りながら素直に待ってくれるはずですよ。

4.理由を言わずに断る

「無理に理由を言おうとするから相手はそこに付け込んでくるんだよね。何も言わなくて良いんです。全部『ごめんなさい。無理です。』って断ってやりましょう。」(25歳/事務)

よっぽどしつこい相手なら、“ふんわり”は諦めて直球勝負しちゃいましょう。無理に『その日は予定があって…』などと理由を言って断るよりも、何も言わずにパーンと突き放してしまうのが一番相手にとっても親切かもしれません。

「無理です」だけだとさすがに愛想がなさすぎるので、あくまでも「申し訳ない」という気持ちは忘れないように。そうすれば相手も気持ち良く諦めてくれるはすです。

おわりに

いかがでしたか?

これで興味のない人から誘われても大丈夫!以上の方法でなるべく角の立たないような断り方をして、相手を傷付けないようにするのが良い女ですよ。(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事