2016.10.07

やっぱり今のナシで!彼の「別れよう」発言を撤回させるひとこと

大好きなカレにいきなり「別れよう」なんて言われた経験はありませんか?「なんで!どうして!捨てないでよ!」と彼を責めたい気持ちも分かりますが、それはNG。

代わりにあるひとことを言えば、彼は「ごめん…」と言いながら改心してくれるかもしれません。

そこで今回は、「別れよう」と言ってきた彼が「やっぱり今の撤回で!」と言いたくなるような彼女のひとことを紹介いたします。参考にしてみて下さいね。

1.「ちゃんと聞くから、理由を教えて?」

「俺が別れようって言ったら、彼女はすごく冷静だったんです。『分かった。ちゃんと話聞くから、理由教えてくれる?』って優しく聞かれて、話しているうちに俺も冷静になって『ごめん』って言いました。」(24歳/アパレル)

まずは前提として、「別れよう」と言われても絶対に取り乱さないこと。彼も冷静になっていない可能性がありますので、アナタは絶対に冷静になるべきなのです。

「理由教えてくれる?ちゃんと聞くから。」と落ち着いた様子をアピールしつつも、彼がそう思った理由を聞きましょう。直せるようなことが原因なのであればアナタも改心して、彼を説得してみて下さいね。

2.「うん、いいよ」(即答)

「彼女に『別れよう』って言ったら、『うん、いいよ』って言われて拍子抜けしました。思わず『え、まじでいいの?嫌なんだけど。』って言っちゃいました(笑)」(21歳/学生)

なら「別れよう」なんて軽々しく言うな!と思っちゃいますね(笑)でも、理由も何も聞かずに了承すれば、別れを切り出した彼だって寂しくなってしまうみたい。

ですから、ここはあえてあっさりと了承して、すぐに引き下がることにしましょう。少しも引き留めてくれないアナタに対し、彼は寂しくなってくっついてくるはずですよ。

3.「ほんとに後悔しない?」

「彼女に別れを告げたら『冷静に考えて。こんなにアナタのこと想ってくれる彼女なんていないよ?ほんとに後悔しない?』って言われて、たしかに今後彼女以上の人と出会える可能性はすごく低いなと思って考え直しましたね。」(24歳/出版)

自分で言うのは恥ずかしいかもしれませんが、こんな状況であれば仕方ありません!

自分のことを過大評価して、いかに彼にとって素敵な彼女であるかをここぞとばかりに熱弁してやりましょう。彼も「たしかにこんなに良い彼女、他にはいないな…」と考え直してくれるはずですよ。

4.涙を浮かべながら笑顔で「今までありがとう」

「俺から別れようって言ったけど、彼女が涙を浮かべながら震えた声で『ありがとう』って言ってきたときは思わず抱きしめたね。こんな顔をさせるくらいなら、絶対に別れたくないって思いました。」(25歳/営業)

男性は「我慢しているけれど、涙が出てきちゃった」そんなシチュエーションに弱いです。強がって見せているけど本当は寂しい、という女性らしさに少なくともグッとくるはず。

ただし、豪快に泣くのは我慢して、あくまでポロッと涙が出てしまうような強がりさんを演出しましょう。そんな健気なアナタの姿を見て、彼はきっと優しく抱きしめてくれるはずですよ。

おわりに

いかがでしたか?

もし大好きなカレに「別れよう」と言われても泣き叫んだりしないこと。重い女だと思われたら、彼の気持ちはどんどん遠くにいってしまいます。

絶対的に不利な状況でも、アナタのひとことで優位に立てる可能性があるのです。もし「別れよう」と言われたら、以上の方法を試してみて下さいね!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)

関連記事