2016.10.08

「どうせ私なんて…」ネガティブ女子がポジティブになるための方法

いつも「どうせ私なんて…」「なんかいいことないかなぁ…」なんて言っている人はいませんか?でも毎日ネガティブでいると、自分はもちろん周囲の人も気持ちがどんよりしてしまいますし、新しい恋なんてできっこないですよ。

そこで今回は「ネガティブ女子が新しい自分になるための方法」についてリサーチしてみました。

1.視野を広げる

「狭い世界で生きていても何も良いことないよ。視野を広げれば楽しいと思えることも出てくるはず!」(23歳/受付)

常にネガティブ思考な人って、小さな世界でしか物事を見れていない場合が多いです。いまいるコミュニティでは自分の理想とすることができなくても、視野を広げることで別の自分に生まれ変われるかも。

また新しいコミュニティで出会いがあれば、自分を受け入れてくれる人が現れるかもしれませんよ。

2.連絡先の断捨離をする

「元カレの楽しそうなFacebookを見ては『何で私は彼と別れてしまったんだろう…』と気持ちが過去に引き戻されていた。
そうするとどんどん自分のことが嫌いになっていきました。なのでもう関わりのない人の連絡先は思い切って断捨離することに。なんだか前向きになれた気がします。」(24歳/サービス業)

人とのつながりって大切ですが、その人間関係が自分を苦しめるものであるならば話は別。

もう会うことがない苦手な友人や元カレとSNSなどでつながっていても、嫌な思いをするだけでしょう。自分が過去の呪縛から解放されて前向きになるためにも、思い切って連絡先を消去してみましょう!

3.少しだけ高いものを身につけてみる

「動きづらいのが嫌で、基本的にTシャツにジーンズスタイルばかりだったんです。でも洋服やメイクに少しだけお金をかけることで、自分に自信が持てるようになりました!」(21歳/大学生)

いつも同じような格好ばかりしていると、なんだか気持ちもマンネリ化してしまうもの。人生を楽しんでいる人って、内面だけでなく外見にも力を入れている人が多いですよね。

おしゃれをして外へ出かけてみるのはもちろん、バッグや靴などどこかワンポイントだけお値段が高いものを身につけてみるのも良いでしょう。
物だけでなくヘアやメイクなどにいつもより多めにお金を使ってみるのも方法のひとつです。それだけで外出するのが楽しくなり、男性との出会いも増えるでしょう。

4.意識的に自己肯定をする

「昔は『どうせ私はブスだし…』なんて自分を否定ばかりしていた。でもネガティブになっていてもいいことなんて何ひとつない。いまは『私はブスだけどメイクをすればそこそこ盛れるし!』とプラスに考えるようにしています(笑)」(20歳/大学生)

「私なんか…」と思ってしまったときは、意識的に自己肯定をしてみましょう。「私は○○は苦手だけどXXは結構得意!」など、自分の良いところを見つけていくことで、自信を取り戻すことができると思います。

また常に否定的な人は周囲からも煙たがられてしまいます。友人や気になる彼と円滑なコミュニケーションが取れれば、心の支えになれるはず!周囲の人とうまくやっていくためにも、自意識過剰にならない程度の自己肯定は大切ですよ。

おわりに

「私なんかどうせ…」という気持ちが芽生えたら、それはある意味自分が生まれ変わるチャンスなのかもしれません。
新しい自分になって、人生をもっと楽しんでくださいね!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事