2016.10.10

あ~!ムカつく、あの女!心から湧き上がる「嫉妬心」を抑える方法

彼のことが大好きであれば、その分いろいろな不安も芽生えてきてついつい嫉妬してしまうことも多いものです。
嫉妬心を持つことはよくないとわかっていながらも、それを止められないとき、どうすれば嫉妬心を押さえることができるのでしょうか。

つらい気持ちになる前に、こんなことを実践してみましょう。

1.他人と自分を比較しない

たとえば、彼がほかの女性と親しくしていたら、「私よりその女性がいいんだ…」と、自分とその女性を比較してしまうこともあるでしょう。これは嫉妬心の元をつくっているも同然です。

こんなときには、自分が劣っていると思ったり、価値が低いものだと思い込んだりしてしまっている状態に陥っています。
まずは、他人と自分を比べて優劣をつけず、「勝ち負け」のものさしで測ることを止めましょう。そして、自分の価値を自分で認めてあげられるようになりましょう。

そうすることで、自然と「彼が選んでくれたのは私なんだから!」と自信を持つことができますから、嫉妬心を持つこともなくなりますよ。

2.別のことに目を向ける

彼との恋愛にどっぷりはまってしまうと、彼の存在がすべてになってその関係に依存してしまうことも少なくありません。
自分の心が自立していないと、彼が自分から離れてしまうことが不安になって、彼に近づく女性の存在に嫉妬してしまうようになるのです。

そのため、彼のこと以外に熱中できるものを見つけるのも方法のひとつです。
すでに趣味を持っているならそれに没頭してもいいですし、何か新しいことを始めてみるのもおすすめ。

ついでにスキルアップを図るなら、本を読んだり語学を習得してみたり…なんて方法もあります。広い視野を持つようにすれば嫉妬心を押さえることができますし、自信にもつながりますよ。

3.彼に自分の気持ちをすべて伝える

嫉妬心が生まれてしまうと、そんな自分が情けないことも頭ではわかっているためにその気持ちを彼の前では隠そうとしてしまいがちです。
しかし、彼に対する不安な気持ちをずっと抱えているとどんどん疑心暗鬼になって、抜け出せない負のループにおちいってしまうのです。

そうなってしまう前に、自分が不安に思っていることを思い切って彼に全部伝えてみましょう。そうすれば彼と話し合う機会ができて、彼もその不安をできるだけ取り除こうと努力してくれるかもしれません。

4.彼以外のコミュニティを見つける

彼との関係に夢中になりすぎると彼のことだけを考えてしまいがちですが、そんなときこそ友人や家族など人とのつながりを感じられるコミュニティを大切にするべきです。
多様な人とふれあえば、彼への嫉妬心をまぎらわせる方法にもなりますし、何より自分がその場所で認められていると実感できるので、安心感を得られます。

特に相手も見えないのに、嫉妬するのは疲れるものですから、自分を受け入れてくれる場所で楽しい時間を過ごす方が精神的にも健康でいられますよ。

彼に選ばれたのはあなた

心の中にうずまく嫉妬心が生まれてしまう原因は、自信をなくしたり自分に価値がないと思ったりしてしまうことです。これらの方法で自分自身の価値を再認識して、嫉妬心とはおさらばしていきましょう!(なな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事