2016.10.10

「もしかして俺のこと好きなの?」と男子が喜んでしまう女子の行動

「俺のこと好きなのかも」と男性に感じさせることは、恋愛に発展させる上でとても重要なポイントです。

男性が確実にあなたを意識するようになるので、上手に追いかけさせることもできるでしょう。

そこで今回は、「俺のこと好きなの?」と男子が意識してしまう行動を紹介します。

1.いつも「LINE」が盛り上がる

「LINEのやり取りがいつも盛り上がる女性とは、恋の始まりみたいなものを感じちゃいます」(27歳/公務員)

「LINEを終わらせようとしない女性には、かなりの好意を感じちゃいますね」(29歳/出版)

LINEの会話がいつも盛り上がる女性には、男性も恋の予感のようなものを感じやすいです。
なんでもない会話が続けられる女性とはわかり合うことができますし、自然と心も開きやすくなるのでしょう。

女性の方からは会話を終わらせようとしなかったりすると、「もっと話していたい」という気持ちも伝わり、さらに男性は好意を感じてくれるでしょう。

2.いつまでも「帰ろうとしない」

「ふたりで飲みに行ったときに、終電間際になっても帰ろうとしないと、こっちもその気になっちゃいます」(27歳/営業)

「一緒に遊びに行ったときに、なかなか帰ろうとしないと、一緒にいたいのかなって感じちゃいます」(29歳/イベント関係)

好きな人と一緒にいると、すぐに時間が経ってしまう。
そして、いつまでもずっと一緒にいたいとも思ってもしまいますよね。
その気持ちは男性にもちゃんと伝わっているものです。

遅い時間になっても話が尽きることがなく、全く帰ろうとする素振りが見えないと、「もっと一緒にいたいのかな」と、男性も喜んでしまうでしょう。

3.「嫉妬している」のを感じる

「他の女性と仲良くしていたら、ちょっと不機嫌になられて、好意を感じちゃいましたね」(31歳/広報)

「嫉妬をされると、好きだと言われている気になり、うれしくなっちゃいますね」(30歳/販売)

「嫉妬」を見せてあげるのは、実は効果的です。
他の女性と楽しそうにしている姿を見て、ちょっと不機嫌になったり、嫉妬しているところを見せると、男性はドキッとするもの。

嫉妬は好きの裏返しなので、遠回しの告白のようにも感じられますよ。
ただ、嫉妬しすぎてしまうと、怖さがでてきてしまうので、やりすぎには注意してくださいね。

4.「ふたりきり」になろうとする

「いつも一緒に帰ろうとしてくると、なんかすごく可愛らしく見えちゃいますよね」(29歳/WEBディレクター)

「ふたりで食事に行こうとしてくる女性には、かなりの好意を感じてしまいますね」(27歳/IT)

男女の仲が急接近するのは、やはり「ふたりきり」になったとき。
距離も縮められますし、いいムードにだってなりやすいです。

それがわかっているからこそ、ふたりで食事や飲みに行こうとしてきたり、会社から一緒に帰ろうとしてきたりされたら、さすがに男性もあなたの気持ちに気がつくでしょう。
きっと男性も、一気にあなたのことを意識せずにはいられなくなっちゃうはずですよ。

おわりに

「俺のこと好きなのかも?」と男性に思わせることができたら、ふたりの関係性も一気に加速するでしょう。意識させることは恋を発展させる上でとても重要なことなので、試してみる価値はあるでしょう。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事