2016.10.11

好きなの?好きじゃないの!?彼と両片思いか見極めるポイント

「好きな彼がもしかして自分のことを好きかもしれない」という両片思いの状態はもどかしいものではありますが、告白をすればまずOKをもらえるチャンスといえるでしょう。

彼と好き合っているかもしれないけれど確認できないというとき、こんなサインを確認すれば、彼と両片思いかどうか、わかるかもしれません。

1.気がつけばよく目が合っている

好きな彼のことはなんとなくいつも目で追ってしまうだろうと思いますが、そんなときにふと彼と目が合う瞬間が多いと感じることはないでしょうか。

多くの女性は「それは自分が彼のことを見ているからだろうな…」と思いがちですが、特に目が合う回数が多いならそれは両片思いのサインです。
つまりは、けっこうな回数でタイミングが合うくらい、お互いに見ている頻度が多いといえますからね。

また、男性は自分の気持ちに正直な人が多いため、好きな人のことは女性以上にじっと凝視するように見つめているのだそうです。何度見てもあなたと目が合うようなら、これは確実に脈ありでしょう。

2.いつも近くにいてくれる

会社や学校などで、手伝ってくれることが多かったり、ちょっとしたことでも気づかってくれたりするようなら、それは彼があなたのことを意識して見てくれているからかも。

男性は特に気にならない女性のことは見ていないため、「彼女大変そうだなあ」なんてなかなか思いません。細かなことにはそうそう気がつかないものです。

ですから、「なんだかいつも助けてもらっているような気がする」「いつも気がつけば近くにいる気がする」と感じたら、それは両片思いのサインの可能性が高いです。彼はいつもあなたのことを気にかけていて、手を貸さずにはいられないくらいの好意があるといえるでしょう。

3.特に用事がないのに連絡が来る

特に用事があるわけでもないのにちょっとしたことで彼から連絡が来るようになったら、それは彼がもっと距離を縮めたいと思っているサインかもしれません。

たいていの男性は、細かなメッセージのやり取りなどを面倒くさがるもの。特になんとも思っていない人には、必要なとき以外に連絡を取ろうとはあまりしないのです。

たとえば、世間話や「今なにしてた?」といった質問など、特に意味のない連絡であれば両片思いの可能性は大。その後もなにげない話を続けてくれるならさらに期待が持てるでしょう。

4.好みのタイプが自分にぴったり

彼と普通に話している流れで、どんな異性がタイプかを聞き合うこともあるでしょう。そこで彼が答えた女性のタイプがまるっきり自分に当てはまっているようなことがあれば、脈ありと見てほぼ間違いありません。
男性は自分から告白する勇気がなくても、こういった情報を匂わせて自分の気持ちを遠まわしに伝える方法をとることがあるのです。

こんな展開になったら、自分が男性のタイプを伝える際には、彼に当てはまるポイントを伝えてみましょう。彼もあなたの気持ちに気づいて、告白に向けて動き出してくれるかもしれません。

サインを見逃さずキャッチしよう

彼と両片思いかもしれないサインは、日常のちょっとしたところに転がっているものです。そのサインを見逃さずにキャッチすれば、彼とラブラブな日が近々訪れることでしょう。(なな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事