2016.10.11

すれ違いの恋は「幸せな記憶」に変わる:よろず女子百景(3)


全部、恋のせい。
スマホを握りしめたまま床に転げまわって身悶えしたり、「それってどういうこと!?」と鼻息を荒くしたかと思えば、ポロッと涙がこぼれたり……。
そう。どれもこれも全部、恋のせいだ。
それでも、涙越しに見渡す景色はキラキラと輝いて。

恋に振り回される女ゴコロは、どこかやるせなくて、不憫で、いじらしい。
そんなせつなくていとおしい恋の風景を、脚本家でエッセイ・コラムニストの大島智衣さん(@ohshima_tomoe)がココロ向くままにつづります。

■トキメキはすれ違いの始まり!?



恋の始まりは、すれ違いの始まりなのかもしれない。

それでも、
始まったばかりの恋は、どんな不安も感じさせない幸せな気持ちで私たち女子を包む。

そして、
恋が終わった後もその痛みは、決してイタい思い出としてだけ残るわけではない。


高校一年の春休み直前。
好きだった同じクラスの男の子と、毎朝一緒に学校へ行くことになった。

「じゃあ、いちばん前の車両の4つ目のドアに乗ろう」と彼♪

高校の最寄り駅までの電車にそれぞれ違う駅から乗り込む私たちは、車内を二人の待ち合わせ場所にしたのだった。

ちょっと待って! 朝のぎゅうぎゅうの満員電車で、彼と私もぎゅうぎゅうに!?

と、ドキドキ……。でも嬉しくて!

そうして、毎朝の通学時間が、恋する女子高生には彼との嬉しいデートのひとときとなった。

だけどまさか。そんな嬉しい約束が、はかないすれ違いのきっかけになってしまうとは……。

■なぜ? 追い掛けられなかった彼の背中



彼は、背も体も大きくて汗だらけ泥まみれのラグビー部員。
かと思えば、文学と音楽を愛する素朴な青年で、そんな彼の風貌とギャップに私は、入学当初から好意を寄せていた。

携帯電話などなかった当時。
LINEで告白……なんかできるはずもなかった私たちは、手紙か家の電話か、さもなければ直接対決しかアプローチの方法はなくて。

だから私も、ある日の放課後に突然、彼の背中を追い掛けて行って、「一緒に帰ろう!」と声を掛け、急接近したのだった。

そうして天から降って湧いたように「男子と朝一緒に登校する女子」というステータスを突如手に入れた私♪

クラスの中で決して一軍女子ではなかった”くすぶり地味め女子”にとっては、奇跡のような展開だった。

まぁ結局、ぎゅうぎゅう過ぎる車内は人が多すぎて、彼とチョー密接! なんてことはなかったけど……。





それが、短い春休みが終わった新学期の初日。

いつもの車両に間に合わず乗れなかった私は、最寄り駅に下りてすぐに彼を探したけれど見つからなくて!

そうこうしているうちに、部活の先輩男子に話し掛けられ、流れで一緒に歩き出してしまったのだった……。

すると、通学路の途中で私たちを追い越していく彼の姿が!

あっ! と思ったけどなぜか、ズンズン歩いて行く彼の後ろ姿を追いかけることができなかった。

気まずいなぁ……。彼は、私と先輩が歩く姿を見ただろうか? ショックだったかな? それとも、もう、はなから私と登校するつもりじゃなかった? 新学期になって恋もリセット?

と、ぐるぐる。

そのまま、彼とはそれっきり……。

■痛かったけど幸せだった〜恋したあの日の忘れられない記憶



歴史に〈もしも〉がないように、恋にも〈もしも〉はないだろうけど。

もしもあの時、先輩男子とふらふら歩き出してしまわずに彼をちゃんと見つけ出せていたら? 

もしもその後、彼の背中に思い切って声を掛け、恋が動き出したあの日の勇気でもう一度、彼に向き合えていたら?

……このすれ違いを修復できたのかな?


はかない約束。すれ違いの通学路。

フッてもいないし、フラれてもいない、すれ違いで終わる恋ほど切ないものはない。


だけど、切ない恋の痛みは、決してイタい思い出というだけではない。

一度だけ彼に連れられてデートしたクラシックのコンサート。
ニコニコ笑いすぎて、行きの電車でもうすでに顔が引きつるほど筋肉痛になってしまったあの頬の痛み……。

今でもその痛みをハッキリと思い出すことができる。

だけどその痛みは、その時最高にトキメいていた恋する女子の幸せな記憶でもある。(大島智衣/エッセイ・コラムニスト)

(ハウコレ編集部)

関連記事