2016.10.13

「失敗写真」がウケる!?男子から好印象なSNSの「手料理投稿」

みなさんは手料理やお菓子作りがうまくいったとき、写真を撮ってSNSにアップしたことはありませんか?フォロワーのみんなからいいねやお気に入りをしてもらえると、嬉しくて何度もアップしたくなっちゃいますよね。

しかし、手料理投稿は一歩間違えるといいねどころか目も当てられないイタい投稿になってしまうことも。

そこで今回は、男子のみなさんに女子の手料理投稿について聞いてみました!キッチンに立つ機会が多いみなさん、必見です!

1.OK:料理だけを映す

「タイムラインに手料理の写真があったらついつい見ちゃう。盛り皿や盛り方までこだわってるのを見ると作ってほしいなと思う」(21歳/大学生)

料理ができることは女子にとってステータスですよね。男子の多くはSNSに投稿された手料理をしっかり見て、みなさんの女子力をチェックしているんです。

しかし、写真の中に調理器具や生活感あふれる部屋が映りこんでしまっていたら台無し。美味しそうに見える盛り付けをするまでが料理ですので、特にSNSに投稿する写真は食器や背景などにもこだわってみましょう!

2.NG:自撮りがメイン

「料理がメインなのか自撮りがメインなのかわからない写真を投稿しているのを見ると、『料理している女子力高めな自分』が大好きなんだろうな…と思ってしまいます」(24歳/スポーツインストラクター)

芸能人なんかが手料理と自撮りを一緒に投稿しているのを真似て、写真のメインが自分になってしまっていませんか?女子力をアピールするつもりでも、自己主張の激しすぎる写真はかえってマイナスイメージに繋がってしまいます。

手料理投稿をするときはどんなものを作ったのかがはっきりとわかる写真を心がけ、コメントやタグつけもシンプルなものにしておきましょうね。

3.GOOD:みんなで作った手料理

「友達とのタコパや鍋パの写真、みんなで作った感の出ている手料理の写真ってすごくいいなと思います。楽しそうなのが伝わってくるし、あざとすぎない」(22歳/大学生)

友達とつくった料理も立派な手料理のひとつ。お泊りやパーティで作った料理を手料理として投稿すれば、あざとくなりすぎない家庭的な印象を与えることができますよ。

さらに嬉しいのが、複数人で囲む食卓や料理の写真は食器の数なども多く、写真全体が華やかになるところ。料理が苦手な人も、料理上手な友達と合作手料理に挑戦してみてはいかがでしょうか?

4.GOOD:失敗は隠さない

「完璧に仕上がっている手料理もいいけど、たまには「失敗しちゃった!」みたいな投稿があってもいいと思う。いつも完璧な仕上がりだと、本当に作ってるのか疑いたくなっちゃうしね」(20歳/専門学校生)

彼らはタイムラインに並んだ美味しそうなレストランの料理や色んな人の手料理写真をわんさか見ているため、失敗した料理というのはなんだか新鮮に感じられるもの。

普段は上手く作れたものしか投稿しないという人は、ちょっとした失敗をしても隠さずに投稿してみましょう。小さな失敗は、彼らにとって魅力的な欠点に映るハズですよ!

おわりに

女子力の象徴ともいえる手料理ですが、それをSNSに投稿したがゆえにモテを遠ざけてしまっていては意味がありませんよね。男子に「作ってほしい!」「一緒に食べたい!」と思ってもらうには、少しの工夫が必要なんです。

普段よく料理をする人も、たま~に挑戦してみる人も、男子の目を引く投稿ができるよう心がけてみてくださいね!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事