2016.10.15

人生の恥はかき捨て!女子の逆ナンパがなかなか失敗しない5つの理由

あなたは逆ナンしたことありますか?
ナンパとまではいかなくとも、自分から積極的に告白する方でしょうか?
もしそうなら、あなたは必ず自分の望みを手に入れられるでしょう。

今回は20代男子30人と逆ナンパについて話し合ってみました。
これからの時代、女子にはもっと自信を持って積極的になってもらいたいなと思います。

1.男子は風俗だって行くくらい

「男子は風俗だって行くくらいですから、見ず知らずの女性といきなり深い関係になることにあまり抵抗がないですね。逆ナンはむしろ大歓迎だと思いますよ」(25歳/運転手)

というわけで、「逆ナンは全然あり」というのが男子たちの意見でした。実際に逆ナンされたことがあるのは30人のうち2人だけでしたが、そのうち1人はお付き合いまで発展したそうです。逆ナンに憧れてる男子は多いですよ!

2.ネタになる

「逆ナンされたら絶対友達に自慢する!」(20歳/大学生)

逆ナンされるということは、女の子が話しかけたくなるような見た目だということだし、名誉なことですよね。たとえ乗り気がしなくても、友達に話せるエピソードになる、とかポジティブにとらえられるそうです。

3.単純にうれしい

「びっくりするけど、女の子に話しかけられたらそりゃ嬉しいよ~」(26歳/飲料メーカー)

女の子に話しかけられたら単純に嬉しいと感じる男子がほとんどです。ましてや好意を示されたら、ウキウキニヤニヤが止まりません。仕事中などでない限りは拒絶されることはほぼないので、安心して声をかけてくださいね。

4.そもそも連絡先交換するくらいで失うものは何もない

「知らない女の子でもLINE交換するくらいだったら、そんなリスクはないよね。住所とか電話番号は慎重になった方がいいかもしれないけど」(22歳/消防士)

知らない人ふたりきりになっても、女子に比べたら男子の方が危険は少ないと思います。だからこそ余裕を持って受け止められるのかもしれません。
あまりに突っ込んだ個人情報を聞こうとすると、マルチ商法などと間違われる可能性はあります(汗)。

5.女子からのアプローチは基本失敗しない

「女子から告られたら、とりあえず付き合ってみるってヤツは多いよ。彼女とか好きな人がいなかったら大体OKじゃないかな」(25歳/半導体メーカー)

告白でも、女子からの告白の成功率の方が圧倒的に高いですよね。婚活パーティーでも女子より男子の人数が多いので、男子があぶれがちです。基本的に女子の方が選択権を握っていると思ってよいでしょう。

おわりに

男女ともに受け身の恋愛が多い昨今、自分の本音に忠実に行動できる人が幸せをつかみ取っています。よく考えたら、それって当たり前ですよね。「欲しい」と言わなきゃ誰もあなたがそれを欲しいと思ってるかなんて分からない。

けど、ちゃんと意思表示したら、誰かが応えてくれる可能性がグンと上がります。好みのイケメンを見つけたら、勇気を出して話しかけてみてくださいね。それを喜ばない男子はいませんから。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事