2016.10.16

「名前なんだっけ…」合コンで起こりがちなトラブルとその対処法

「うわっ、この合コンハズレだ…」
など、その時間が台無しになっちゃうようなことから、小さなことまで合コンにまつわるトラブルってあるかと思います。

せっかく気になる彼がいてもトラブルのせいでアプローチがうまくいかなかった…なんてこともよくある話。今回はそんな合コンでのトラブルへの対処法をご紹介します。

1.男子の名前を忘れちゃった!

ほとんどの人が初対面、しかも大人数の合コンでありがちなのが、話しかけようとして相手の名前を忘れてしまうこと。
でも、そんなときは焦らなくても大丈夫!あっけらかんと、「名前忘れちゃった~!」とネタにしてもOKです。それがまた話題のきっかけとなり、話が盛り上がることもありますよ。

もしも相手がナイーブそうな人なら、「私、友達から○○って呼ばれてるんだけど、あなたのあだ名は何?」など、さり気なくあだ名を聞いてやり過ごすのも1つの方法です。

2.タイプじゃない人に狙われた!

人の心はコントロールできないので、こればっかりはどうしようもないこと。しかし、良い顔し続けちゃうと、後々面倒なことになる可能性も。

こんなときは、他の人と話すようにしたり、あなたを狙ってくる彼が隣に来たら、トイレに立ったり料理をとりに行くなどして席を離れるのがいいでしょう。

しかし、あまりに露骨な態度をとると周りのひんしゅくを買いかねませんし、最悪な場合、場を白けさせてしまうことも。気にいってくれてありがとう、という態度は最低限忘れないようにしましょう。

3.合コン自体がハズレ!帰りたい!

来ているメンバーが揃いも揃ってタイプじゃないし、話も盛り上がらない。早く帰りたい!でも、幹事してくれた友達の手前もあるし・・・。こんなトラブルのときは嘘も方便です。

電話がかかってきたフリをして、「親が超怒ってるから帰らなきゃ。」などと演技をしましょう。ポイントは、帰りたくない!と言う雰囲気を出すことです。もっといたい、というニュアンスを出しつつ、本当に申し訳なさそうに、でも慌てたフリで退席しましょう。

4.下ネタが露骨でドン引き!

お酒がどんどん入ってくると、下ネタにも拍車がかかって、どんどん危険なムードに持っていこうとする男性もいますよね。
過激な下ネタは嫌だけど、場の雰囲気は壊したくない・・・。そんなあなたはまったく知らない素振りで通すのが一番。

男性は女性が恥ずかしがったりノリノリだったりすると、余計にヒートアップするので、「え?なんのことか全然わからない。」ときょとんとした顔で通すとOK。相手も下ネタのフリ甲斐がなくなって、止めてくれるでしょう。

合コンにトラブルはつきもの!

お酒が入ると予期せぬトラブルが起こるのが合コンです。そんな時も事前に対策を考えておくと、安心ですね。トラブルを上手に乗り切って、楽しい時間を過ごしましょう!(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事