2016.10.20

彼氏がほしいと焦るほど彼氏ができない法則

今回は、「焦れば焦るほど彼氏ができないのは、なぜ?」ということと、「ではどうすれば彼氏ができるのか」について、一緒に考えていきたいと思います。

■焦りの法則

恋愛に限らず、物事なんでもそうですが、焦ってやったことって、たいていうまくいきません。
たとえば、仕事の締め切り間際におおいに焦り、やっつけ仕事をした場合、それがうまくいったケースって少ないですよね? あるいは引っ越しの直前になって、あわてて荷造りをしたところで、後になって、どの箱になにが入っているのか、さっぱりわからなくて余計混乱したりしますよね。
恋愛もまったく同じです。恋愛だけは特別で、焦れば焦るほどうまくいくなんてことは、ないのです。 

■その気持ち、顔に出ています

焦る気持ちって、意外と他人が勘づいています。
「この子、彼氏をつくることに焦っているなぁ」というのが、なんとなく雰囲気で伝わってくるのです。あるいは顔に出ているのです。
だから、彼氏がほしいとおおいに焦れば、もの欲しそうな女子に思われることもあります。あるいは、「自分がない」女子のように、男子に思われたりします。

「自分らしさ」とかその人が持っている「感じ」というのは、焦ったら絶対に出てこないのです。焦れば焦るほど「こうしなければいけない」「こうすべき」という気持ちが強くなり、そういう気持ちは、どういうわけかマニュアル通りの言動を呼んできます。
だから、あなたが持っているいい「感じ」とか、あなた「らしさ」というのが消えていってしまいます。
さらに言えば、(言うまでもないことかもしれませんが)、男子がある特定の女子に恋に落ちるとき、男子は、その女子が持っている「感じ」とか「らしさ」を好きになるのです。

■彼氏をゲットする方法

では、どうやれば彼氏ができるのか?ということですが、「半年くらい彼氏がいなくても別にいいや」と、開き直ってみるという方法があります。
つまり深呼吸して、視野を広く持つと、今まで心を支配していた「彼氏がほしい」というカタい感情がどこかに消えて、気持ちがやわらかくなって、新しいものが入ってくるのです。
 
「彼氏がいない自分」にこだわっているから、彼氏がほしいと焦るわけですよね?
なにかにこだわっているうちは、いい情報やいい空気が入ってきません。固執する気持ちを捨てて、大きく深呼吸したときに、なにかが入ってきます。

***

「あきらめた瞬間にほしかったものが手に入る」というのは、多くの人が言っていることであり、おそらく人生の真実だろうと思います。
彼氏がほしいのに、彼氏のことをあきらめる気持ちを持つというのは、なかなかできないかもしれません。それだけ、なにかにこだわっているカタい気持ちをやわらかくするのは、誰にとっても難しいことです。
でも、その難しいことを半年くらいかけて少しずつやるだけで、自然とあなた「らしさ」が出てきて、半年後には彼氏ができるのであれば、こんなラッキーなことはないですよね。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事