2016.10.21

恋愛をうまくいかせるお金の使い方

彼との関係がうまくいかない人は、「自分に魅力がないから、自分磨きをしていないといけない」とか、「自分の性格の悪いところを直そう」とか、そんなふうに自分を責めるのではなく、お金のことについて考えてみたらいいかもしれません

今回は「お金をどのように使うと、恋愛がうまくいくのか」について、一緒に考えていきたいと思います。

■3万円のケース

たとえば、カップルで1ヶ月のデートに3万円使っているケース。
彼が3万円すべてを支払ってくれているケースでもいいですし、ワリカンデートで彼が1万5,000円、彼女が1万5,000円支払っているケースでもいいでしょう。

カップルで1ヶ月3万円のデートをするとなれば、おそらくさほど贅沢はできないでしょう。 1回のデートで5,000円の飲食をするとすれば、月に6回も食事ができるわけですが、交通費やお茶代などを考えれば、3万円というのは、5,000円の食事が3~4回できるくらいの金額ということになります。
若いうちはこれでも、わりと贅沢なデートかもしれません。

それでも、恋愛には良い時もあれば、良くないときもあるので、デートの予算を月3万円でやっていれば、カップルの関係において多少ギスギスしてくる時が出てくることもあると思います。
そういう時は、3万円の予算を5万円にするなど、デートに思い切ってお金を使ってみるといいでしょう。
お金は、可能性を見せてくれる大切なツールです。

***

新しい洋服を買ったら、自分の新しい魅力に気づくこともあるように、カップルにおけるお金というのは、ふたりの未来に、可能性を見せてくれるステキなツールです。換言すれば、自分の新しい可能性に気づかせてくれるツール、彼の新しい魅力を発見させてくれるツールです。
カップルの関係がギスギスしている時というのは、お互いに未来の可能性を信じていない時ですから、お金の力を借りて、ふたりの未来に明るい可能性を見出すといいでしょう。
恋愛の維持費というのは、この「可能性を見るため」、「信じるため」にあります。

■30万円のケースは必ずしも幸せではない

彼女と彼とで、1ヶ月に30万円のデート代を使っているケース。
多くの人たちには、あまり縁のない話かもしれません。 
ふたりで食事をしたら、お会計が3万円になる高級店に10回ほど行けます。交通費や、食事の前の買い物、お茶代なども考慮すれば、1回のデートに5万円かかるとして、月に6回も、そんな贅沢なデートができることになります。

ただ、恋愛にお金を使いすぎると、愛することや恋することが雑になる傾向が出てくることもあります。
「お金を稼ぐのに知性は必要ないけれど、お金を使うのには知性が必要」と言われるように、なんでもかんでもお金で満足感を買っていると、人の気持ちに疎くなり、愛する気持ちや恋する気持ちから、純粋さが失われていくこともあります。

■「ちょうどいい」恋愛の維持費とは?

お金に関する価値観は、本当に人それぞれです。3万円を「安い」と言う人もいれば「高い」と言う人もいます。月30万円のデート代など「あり得ない」と感じる人もいれば、 30万円でも「少ない」と言う人もいます。
だから一概に、毎月いくらをデートに使うのが妥当なのかという答えはありません。

しかし、ひとつ言えることは、自分たちが「常識の範囲」と思う金額を毎月デートに使っているにもかかわらず、カップルの関係がギスギスしてくるというのは、デート代を使わなさすぎているか、使いすぎているかのいずれかです。

お金を使わなさすぎたら、気持ちがギスギスしてきて、未来の可能性を見る目が曇ってきます。
逆にお金を使いすぎたら、愛や恋に贅肉がつきすぎて、本来、愛や恋が持つ純粋さが曇って、ぼんやりしてきます。

毎月、恋愛にいくら使うのが正解なのかというのは、「あなたの気持ちが、あるいは彼の気持ちが、ギスギスすることなく、贅肉がつきすぎることなく、ちょうどいいところにあるかどうか」というのを考えてみれば、おのずと妥当な金額が見えてきます。
お金と恋愛は、20歳もすぎれば、切っても切れない関係にあるのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事