2011.09.06

今の世の中ググり方がわからなければ話にならぬ!Googleの検索を使いこなす方法 

インターネットでなにかを検索する際にGoogleを利用したことのある方は多いと思いますが、普段Web検索に使っている検索窓(検索ボックス)に便利な機能があることをご存知でしょうか?

無料で簡単、登録やアカウント作成の必要もない「Google 特殊検索」の一部をご紹介します。

電卓として使用する

検索窓に数式を入力すると、自動計算した答えが表示されます。

x+y xとyを足した値を表示します
x-y xからyを引いた値を表示します
x*y xにyを掛けた値を表示します
x/y xをyで割った値を表示します
x%y xをyで割った余りを表示します
x^y xをy乗した値を表示します

ネット使用中に他の電卓ソフトやアプリを立ち上げる必要がありませんし、
「9+5*2^3/2」
のような電卓ではむずかしい複雑な計算も可能です。

数値や演算子は全角でも半角でも混合でもかまいません。


住所、郵便番号を検索する

検索窓に郵便番号を入力すると該当する住所とGoogleマップへのリンクが表示されます。




また、検索窓に「郵便番号 ◯◯県◯◯市◯◯町(住所)」と入力すると、該当する地域の郵便番号が表示されます。

他の郵便番号検索サイトへのリンクが表示される場合があります。
階数ごとに郵便番号が設定されている大規模なビルなどの場合、正常に機能しない場合があります。

天気を調べる

検索窓に「天気 ◯◯(都市名)」と入力すると、該当地域の現在の天気、湿度、風向風力のほか、当日、明日、明後日、明々後日の天気予報と最高・最低気温が表示されます。

一部地域を除き、世界中検索できます。

海外の都市名はアルファベット表記(英語)でもローマ字表記でもカタカナ表記でも可能ですが、ローマ字表記・仮名表記の場合は注意が必要です。

「ヴェネチア→×」  「ベニス・ベネチア・ヴェネツィア→◯」
「グァム→×」  「グアム→◯」
「ニューオリンズ→×」 「ニューオーリンズ→◯」

また、中国の都市名は漢字表記、アルファベット表記に対応しています。
日本の都市名は漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットすべて対応してきます。


世界の現在時刻を調べる

検索窓に「時間 ◯◯(国名)」と入力すると、該当地域の現在時刻を表示します。

一部地域を除き、世界中検索できます。

国名はカタカナ表記、漢字表記(日本・中国のみ)、ローマ字表記、アルファベット表記(英語・現地語)に対応しています。


為替レートを調べる

検索窓に国際基準の通貨コードであるISO4217を使用して「◯◯◯ in ◯◯◯」と入力するとレートが表示されます。

米ドルを日本円にした場合のレートを知りたいときは「1USD in JPY」と入力しますが、ISO4217がわからない場合、調べるのが面倒な場合は「1US doller in Japanese Yen」「1ドルは何円」「1ドルを円で」「1ドルを日本円に」などと入力しても同じ結果が表示されます。

ISO4217参照(Wikipedia)



換算率は参考であり、為替レートの正確性を保証するものではありません。


ヤマト運輸の荷物の配達状況を追跡する

検索窓に「ヤマト 000000000000(伝票番号)」と入力すると、「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」へのリンクが表示され、クリックで荷物追跡情報ページへ移動します。



関連記事