2016.10.23

「本当に、この人でいいの?」と悩んでいる人への解決法

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。カレとの交際期間は長いものの、本当にこの彼氏でいいの?本当にこの人と結婚していいの?と悩んでいる人いますよね。

「好きなんだけどなあ、何かモヤモヤする感じ」。その答えは相手に求めるものではなく、自分の気持ちをどうにか整理して昇華させるしか、最終的にはないと思います。今日は、今の彼と最終的には一緒になりたいと思っている女子のための内容です。

1.急に襲ってくる「不安な気持ち」

結婚する直前に陥りやすいという「マリッジブルー」のように、「好きなんだけど、この人とこの先もずっとやっていけるイメージが・・・」と、改めて考えると急に不安になることあります。例えば、すごく好きでも働かない彼、ギャンブル好きな彼とか。

あとは、何か価値観が決定的に違うところがあってそこが嫌いとか。100%彼に満足している人なんてごくわずか。ほとんどの人が、少しひっかかるところががあるけど、それを「好き」という気持ちでギリギリなんとかカバーしているという具合です。

2.詮索しない

まず、「本当にこの人でいいの?」思ったとき、それ以上、この人はどういう人かということを詮索しないことです。詮索すればするほど、不安材料やアラばかりが目立ってきてしまって、余計によろしくないです。たまに、「お互い秘密ごとは無しね」とか夢みたいなこと言っているカップルいますが、お互い知らないほうがいいこともあります。だから、あまり詮索しないこと。

これと似ていることが、彼のダメのなところを、無理に直そうとしないことも大事。その労力が、また、自分に跳ね返ってきてイライラと不安がつのります。言ってなおることなら、とうの昔になおっているものです。それは割り切って彼の個性として広いこころで受け止めるくらいが丁度いいです。

3.運命を少し信じる

次に、運命を少し信じることです。ご縁があって、あの時、あの場所にいなかったら出会ってなかったわけですから。2人は出会うべくして出会ったんです。そうでも思わないと、この人といる意味なんてありません。

要は「あきらめ」も必要です。けして、まだ出会ってないけど、私にはもっと良い人がいるはずと運命の人を探しすぎると、チャンスを逃して売れ残ってしまいますよ。そんな人、僕はたくさん見てきました。

4.良かったところを探す

長いつきあいになればなるほど、マンネリ化してくるのも事実。あの出会ったときの初々しい気持ちをもう一度思いだしてみてください。「あなたは彼のどこに惹かれて付き合いましたか?」彼の良かったところを、再度、書き起こすんです。そうすることで、彼といま一緒にいることの意味を改めて知るわけです

おわりに

今回は、今の彼とGOALするために気持ちの整理の仕方について紹介しました。もちろん、恋愛リスクマネージメントとしては、「幸せになる」という方法論を問わないなら、他の男性を横目で見とくということも僕はオススメしています。少しは気持ちが楽になりましたか?(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(泉三郎/カメラマン)
関連キーワード

関連記事