2016.10.26

いつも同じ失敗…恋愛がうまくいかない傾向にある女性の共通点・4つ

彼氏はできても関係が長続きしない。しかも、いつもツラい破局ばかりを迎えてしまう。そうしたことが続くと、「私って恋愛に向いてないのかな?」と、悩んでしまいますよね。

失敗ばかりをしてしまう原因は、男性との付き合い方にあるのかも。

今回は、恋愛がうまくいかない傾向にある女性の共通点をリサーチしました。

いままでの交際はすべて短命に終わっている……。そんな女性はぜひチェックしてみてくださいね。

1.恋愛に受け身である

「いつもデートの誘いは彼から、話を振るのも向こうからだと、いくらリードするのが苦じゃない人でも『たまには向こうから〇〇してほしいな~』と思うんじゃないかな」(23歳/男性/大学生)

彼にリードされることが当たり前。すっかり受け身の姿勢で恋をしている女性って多いのでは。彼に尽くされることが当前だと思うのではなく、たまには自分からも相手を求めてみましょう。
たとえば、「ここ行ってみない?」とか「仕事は順調?」と、積極的に自分から彼に声をかけてみましょう。

慣れないうちは「こんなこと聞いて大丈夫かな……?」と、ためらうこともあるかもしれません。でも、互いに歩み寄ることで、ふたりの距離は縮まりますし、良好な関係を続けやすくなるでしょう。

2.どんなときも構ってちゃんである

「相手の状況とか様子も気にせず、自分の都合ばかり押し付けたり、構ってちゃんだと長続きする恋愛は難しそう。恋愛って自分が楽しむことが優先されがちだけど、相手が楽しむことを意識できると、関係はもっとうまくいくと思います」(24歳/女性/販売)

恋をすると、たちまち彼に夢中になる女性は多いですよね。寂しくなるとすぐに彼の声が聞きたくなったり、仕事やプライベートの出来事を毎晩、彼に話したくなったり。でも、自分主導な言動ばかりが目立つようだと、恋愛はなかなかうまくいきません。

「こうしたい!」「こうして!」という気持ちを一方的に押し付けていると、彼にとってあなたの存在が重たくなってしまうかもしれませんよ。
相手がどうしたいのかも考えるようにすると、彼の気持ちも満たされ、充実感のある交際になると思います。

3.成長しない

「自分と釣り合いの取れない相手。物足りなく感じるから、関係が続きにくいと思う」(24歳/女性/大学院生)

だいたい自分と同じレベルの人と恋人になると、長続きするといいます。向上心の強い男性の場合、彼頼みや親頼みが多い女性は、自立心が低いと感じられ、付き合いに張り合いがなくなってしまうでしょう。

お互いが切磋琢磨し合える関係であるほど、恋愛は長続きしやすいです。ふたりで成長できる関係になれるといいですね。

4.相手の欠点ばかりに目が行く

「男性への幻想を持ち過ぎなのかな。男らしくなかったり、頼りなかったりすると、それが気になっちゃって、批難から関係が悪化して破局、みたいな流れは、私の身の回りに多いですよ」(24歳/女性/販売)

最初は完ぺきに見えていた人でも、付き合っているうちに欠点が見えてくるもの。だからといって、そればかりに目を向けて、「イメージと違ったから嫌になった」では、どんな関係も長続きしませんよね。

それよりも相手の良さに目を向けてみましょう。この意識がお互いにできれば、長く、素敵な交際ができるはずです。

おわりに

ひとつでも心当たりがあると、恋愛がうまくいかない傾向にあるといえそう。いい関係を長く続けるためにも、自分の習慣を変えるよう意識してみるといいかもしれませんね。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事