2011.09.06

突然のPC不調に・・・アップルストアの「ジーニアスバー」利用法!


「パソコンが急に動かなくなった!」

「いままで使えてたアプリケーションの動作がおかしい…」

「iPhoneの表示がへんになっちゃった…」


 などなど、デジタル機器のトラブルは「急に」降り掛かってきたりします。


 しかも、こ〜んなトラブルにいきなり対応しろなんてむりですよね。

 サポートセンターに電話しても、「ここからは有料」なんて悲しい答えをいただいたり…。


 そんなmac・iPhone・iPodユーザーは、ぜひ「ジーニアスバー」を利用してみましょう。

ジーニアスバーとは?

ジーニアスバー(genius bar)とは、アップルストアに設置してあるメンテナンスカウンターのこと。
「ジーニアス」と呼ばれる、アップル正規の技師さんたちが、パソコンのメンテナンスをしてくれます。


ジーニアスバーのいいところ

ジーニアスバーのいいところは、なんといっても無料で対面サービスが受けられるところ!

アプリケーションが動かない…ブラウザがおかしい…フリーズしてしまう…。

こんなトラブルでも、プロなら案外かんたんに治してしまえる場合も多いそう。

しかし素人には、その「治し方」が分からない。

たったそれだけの理由で、有料のサービスを受けなきゃいけないなんて悲しいですよね。


でもジーニアスバーならある程度は無料でメンテナンスしてくれちゃいます。

サポートセンターの電話よりも、お得にサービスが受けられますよ。


さて、ではジーニアスバーを利用する手順をご紹介します。

まずはジーニアスバーを予約しよう

アップルストアに直接電話をしてもよし、アップルのサイトからネット予約をしてもよし。

とにかく予約をしないことには始まりません。

当日になったら、必ず時間通りに行くこと。

なんと「8分を過ぎると自動キャンセル」というちょっぴり強引なルールがあるので、せっかくマシンを持っていったのにまた出直すの〜? なんてことになっちゃいます。

当然のことではありますが、早め早めに到着するようにしましょう。


あらかじめ症状をメモ!

ジーニアス(技師さん)にスムースに伝えられるよう、あらかじめ症状をメモしていきましょう。

「どんな症状か」はもちろん、「いつから発生しているか」「きっかけは何か」「どういうときに症状が起きやすいか」というポイントもしっかり書いていきましょう。


接続しているプリンタやタブレット、コントローラーなどの周辺機器の品番もメモっていくと、より確実ですよ。


周辺機器も持っていこう

症状をより正確に診断するためには、普段通りの環境で行うのが一番です。

なので、普段使っているマウスやバッテリーなど、周辺機器も一緒にもっていきましょう。

データはバックアップしよう!

たとえば、リストア(リカバリ)をしなければトラブルが治らない…なんて結果になったとき、データをバックアップしておかないと万一のときに困ってしまいます。


なので、ジーニアスバーに行くまえには、必ず大事なデータをハードディスクかCD-ROMに保存していきましょう。


あらかじめ保存していけば、そのままマシンをお預かり…となったときも、スムーズです。


関連キーワード

関連記事