2016.10.29

本音率30%…男性がお世辞で言う「可愛い」のパターン・4つ

男性から「可愛いね!」なんて言われたら、誰だって舞い上がってしまうはず。でも、その言葉が本心ではないとしたら…期待するだけ損ですよね。
こんなシチュエーションで使われる「可愛い」はどうやら男性の本音ではなさそうです。

1.持ち物を褒めるときの可愛い

「話題がないときとかは、女子が持ってるものに対してとりあえず『可愛いね~これ〜』とか言ったりする(笑)」(23歳/男性/コンサルティング)

たとえば初対面などで、まだ適した話題を探りつつ会話を進めているときには、とりあえず当たり障りないからと「可愛いね」を使うようです。

容姿を褒めるのは何だかチャラついている印象を与えかねませんから、そこを避けて「持っているもの」や「雑貨」を褒める男性が多いのですね。あくまで話題のひとつとして褒めているだけなので、真に受けないようにしましょう。

2.失敗したときに言われた可愛い

「女子が文字間違えたときとかに、なんか『可愛い〜(笑)』って思わず言っちゃったことあるけど、よく考えたらそうでもない」(20歳/男性/学生)

何かあなたがミスをしたときに、「お前も可愛いとこあるじゃん?」といったテンションで声をかけてきた男性はいませんでしたか?もしかしたら彼はあなたがちょっと可哀想に見えて、フォローのつもりで「可愛い」と言ったのかもしれません。はたまた、ちょっとした冷やかしの気持ちも込められているかも。こういったときには、冗談っぽく「うるさいな~(笑)」と流すのが良い対応です。

3.外見の変化に対する可愛い

「髪切ったときとか、新しい服着てるときとかは、とりあえず気づいたよって意味を込めて『可愛いね〜似合ってるよ』って言います。男にはぶっちゃけ何がオシャレかとかわかんないので…」(25歳/男性/商社)

男女問わず人とコミュニケーションをするうえで、こういった変化に気づいたときには指摘してあげたほうが気の利く感じがしますよね。また、女性は化粧を変えてみたり、髪を切ったり…。何かオシャレをアップデートする機会も何かとありますし、男性に気づいてもらいたいという人も多いもの。ですから、男性はそういう変化に気づいたときには、男女云々は意識せず、気の利いた挨拶がわりに「可愛いね」と言うのです。

4.同意の可愛い

「『この子可愛くない〜?』って言われたら、可愛いって思ってなくても褒められるポイントを探して『笑顔が可愛いね』とかって答えますね。それ以上もそれ以下もないです」(28歳/男性/メーカー)

心がめちゃくちゃ優しい男性にありがちなのがこのパターン。本人がいないところでも悪いことは言えずに、「可愛いよね?」と聞かれたら「そうだね」と答えてしまうようです。よく、第三者から聞いた褒め言葉は本音、ということを言いますが、人によっては本意ではない可能性もありますよ。

でも、前向きに考えておくのはアリ!

だからといって、いちいち男性からの「可愛いね」を疑う必要はありません。その真意は気にせずに、言葉をポジティブに捉えて恋に前向きになる材料にすることも時には必要ですよ。
男性からの褒め言葉はうまく利用しましょうね!(豆つきモヤシ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事