2016.10.30

こ、こええよ……。男子がドン引きな女子のハロウィン仮装・5パターン

最近はコスプレも随分ポピュラーになり、レベルもすごく上がってきてますよね。
いまや小学生からメイクしている時代ですから、一般女子のメイクテクニックもプロ級の腕前です。でもたいていの男子は、そんな女子のハイクオリティな仮装についていけてないご様子。

そんなわけで今回は10~20代男子40人に「ドン引きした女子のハロウィン仮装」を教えてもらいました。

1.顔までガチメイク

「お持ち帰りしても、顔のメイクがすご過ぎてヤリにくそう。まつ毛バサバサの厚化粧じゃオレ勃たね~よ。メーテルじゃなくて鈴木その子かと思ったよ(泣)」(29歳/歯科医)

鈴木その子さんを知らない人はまずググってください(笑)。
厚化粧はお持ち帰りされないためにはいいかもしれませんね。デーモン閣下とかおすすめです♪仮装したまま、いつもと違ったプレイを楽しむのもありだと思いますが……。

美人の友達が、がっつりメイクして妖怪人間ベラの仮装したときは、さらにスゴイ美人になりましたけどね。女子は大絶賛でしたが、女子と男子じゃ見方が違うんだな~。

2.金がかかってそうすぎる

「かわいいのは大事。でも、明らかに数万かかってそうなのは、そのガチさに引く」(21歳/デザイナー)

例えば、シンデレラのコスプレをする場合、ティアラとかネックレスで安っぽく見えないものをこだわって探すとフェイクでもそこそこお値段するんですよね。

かといって、本物を身につけたらもはや仮装ではなく、ただのドレスアップになってしまう……。いかに安く、ハイクオリティにするかが勝負です!バランス感覚を身につけましょう。

3.普通に怖い……

「顔がチャックになってて、中から皮膚の内側が見えて真っ赤になってるってやつが怖すぎて話しかけることすらできなかった……」(25歳/法務)

おお、それはスゴイ! ハリウッドのメイクさん並みの特殊技術じゃないですか!
そこまでのレベルだったら尊敬しちゃいますけどねー。ほんとに怖かったんでしょうね(笑)。

4.入り込みすぎ

「仮装自体ではないけど、役に入り込みすぎてて、話しかけても演技で返されたので非常に困りました」(22歳/大学生)

お気持ちお察しします(笑)。私も昨年、勇者ヨシヒコのメレブと仏の仮装をしている二人組と飲んだんですが、ずっと「うむ」とか「◯◯でござりまする~」って口調だったり、突然「ヨシヒコ、ヨシヒコ~」って叫び出したりして、だんだんムカついてきました。

演技じみてても会話が面白ければいいんですけど、仮装がガチすぎると演技にも身が入ってしまうのかもしれません。

5.そもそもなんの仮装だよそれ……

「いくら完成度高くても、知らない仮装されると反応に困ります。しょうがないから、奇抜な仮装はみんなレディーガガだと思うことにしてる」(19歳/大学生)

みんなレディーガガ(笑)。何かのキャラなのか、オシャレすぎるのか分からないってことでしょうか。たしかに元のキャラを知らないと似てるのか似てないかも分からないし、リアクションに困りますよね。

ただ、レディーガガのようにほぼ下着だけみたいな服装をしてたら男子の反応は良いかもしれません(笑)。

おわりに

毎年ノリノリで仮装していましたが、男子にはそんなふうに見えてたんですね……。
がっちり世界観を作り込むことに命かけてたんで、そんなに怯えさせているとは気づきませんでした(笑)。けど、男子の目を気にして妥協してたら楽しくない!

コスプレ好き女子には全力でハロウィンに挑んでもらいたいと思います。ただし、そこで恋愛は期待しない方がよろしいかと。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事