2016.11.01

幸せは意外なところにある?好きじゃない人と付き合う4つのメリット

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
『好きな人と両想いになって付き合う』ことってやっぱり理想ですよね。
でも、なかなか好きな人ができないこともありますし、好きな人には彼女がいる…なんて状況も少なくないと思います。

そんななか、恋愛感情を抱いていなかった人からの突然の告白…。悩むかもしれませんが、これも立派な恋愛が始まるキッカケのひとつです。
そこで今回は、好きじゃない人と付き合うメリットについて考えてみます。

1.相性の良い人に出会える

『私は、塩顔が好き!』とか『面白くて話し上手な人が好き!』と思い込んでいませんか?
いまは特定のタイプに対してこだわりがあるかもしれませんが、人の好みというものは、歳とともに変化するもの。
小さい頃、なりたかった職業をずっと追いかけ続けている人が意外と少ないのと同じです。

自分から「こういうタイプも好きかも!」とはなかなか気づけませんが、相手から好かれて付き合った場合は違います。「もしかしてこういう人も好きなのかも?」と新しい可能性に気づけるでしょう。
自分でもまだ知らない自分のタイプの人と巡り合うチャンスになるのです。

2.心に余裕ができる

女子にとっての彼氏って、精神安定剤みたいな要素もありますよね。
彼氏という存在がいるだけで、心が平穏でいられたり、毎日がちょっと楽しくなったり、辛いことも悲しいことも「彼に会ったときに、話を聞いてもらおう」と思うだけで、少し心が軽くなったりするものです。
『理想の人としか付き合えない!』と思いながら、なかなか恋活がうまくいかずに心が荒んでしまうのなら、自分のことを好きだと言ってくれる男性と一緒に時間を過ごしてみてください。恋愛をゆったりと楽しむための余裕が生まれるはずですよ。

3.付き合ったあとに幻滅することがない

「○○くんは理想の人!」と思っていると、付き合ったあとに「あれ、こんな面もあったんだ…」と嫌な面を引き算して見てしまいがち。
でも、好きじゃない人と付き合うと、「こんな素敵な面もあったんだ!」とプラスの評価をしていくことが多いです。
ですから、付き合ったあとに幻滅して別れることは少ないでしょう。
いい意味で裏切られた!と思える恋愛ができるのは、好きじゃない人と付き合う大きなメリットです。

4.自分の『好きなタイプ』『合う人』を再確認できる

万が一、好きじゃない人と付き合って「やっぱりうまくいかなかった…」というときも、決して失敗ではありません。
なぜなら、自分にとって本当に合わない人と合う人を見極めることができ、好きなタイプを再確認できるから。
付き合う前に「好きじゃない」と思った部分と、付き合ったあとに「好きじゃない」と思った部分を見比べてみることで、「本当に好きなタイプとは何か」を見つけることができるんです。
今の恋がダメになっても、次は本当に合う人を選ぶことができますよ!

おわりに

いかがでしたか?
お互いに大好きな人と付き合えるのは最高の喜びに間違いありません。
でも、最初は好きじゃなかった人を付き合ううちに、だんだんと好きになるというのも幸せなことです。
自分のことを好きだと言ってくれる人との縁、一度試してみてはいかがでしょうか。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事