2016.11.02

出会いの幅は無限大!?明日から使える「逆ナンパ」の成功パターン

「あ、素敵な人!」と思っても、行動を起こさなければ関係は深まりません。そして、浅い関係のままでは付き合うなんてありえません。
いつまでも出会いを待っているだけではダメ。「逆ナンなんて…」と思っているあなたも、恥を忍んで頑張れば素敵な未来が待っているかも?今回は「シーン別!逆ナン成功パターン」をご紹介します。

1.飲みの席での成功パターン

成功率が高いのが居酒屋やバーです。お酒の力も加わって、大胆に声をかけても恥ずかしさを感じなくて済むかも!声のかけ方は「うっかり物を落としちゃう」のがオススメです。
まず、気になる男性がいたら、近くの席に移動させてもらいましょう。そこで時をみてカバンやスマホなどを落として、彼に拾ってもらってください。お礼を言うと同時に、「ありがとうございます。何飲んでるんですか?」と話をつなげていくのです。

いきなり声をかけたら「何コイツ?!」と思われる可能性大なので、あくまでも偶然を装い、チャラチャラ感を出さずに声をかけましょう。

2.街中の成功パターン

街中で声をかけるのは至難の業…。いきなり「お時間ありますか~?」と声をかけようものならキャッチセールスと間違われる可能性が…!男性は逆ナンに慣れていない人が多いので、自然に話しかける小芝居が重要になってきます。

たとえば、歩いている男性には「わざとぶつかって謝る」、止まっている男性には「道を聞く」などをして次の会話につなげましょう。助けてもらったあとは「お礼にこのあとお茶でもいかがですか?」が言えたら合格です!

3.店員さんと成功パターン

カフェの店員さんやショップ店員さんが気になってしまった、という人は多いのではないでしょうか。オシャレなお店ではかっこいい店員さんも多いですからね。でも、いきなり店員さんに連絡先を渡したとしても、彼の好みドストライクの容姿をしていない限り、連絡がくる可能性は低いです。

ですから、まずはお店の常連さんになりましょう。ある程度顔見知りになれば、お食事などに誘える可能性も高くなります。おすすめの商品を聞いたり、商品を買ったりしてまずは距離を近づけながら会話をはじめていきましょう。仲良くなったあとで、写真を撮って送るなどと言って連絡先を聞くといいですよ。

4.スポーツの場での成功パターン

スポーツジムやゴルフ、スノボーなどスポーツをする場所は逆ナン成功率が高い場所です。スポーツジムなら「このマシーン、どうやって使うんですか?」、ゴルフなら「ここに来るの初めてで…教えてください。」、スノボーなら「滑るの上手ですね~!」など話しかける言葉は無限にあります。
実際にその場で教えてもらいながら一緒に時間を過ごすこともできるので、短時間で仲を深めることができるでしょう。

どの男性も頼られれば嬉しいですし、褒められたら鼻の下が伸びます。彼の自尊心をくすぐって、そのあとの展開につなげてくださいね。

逆ナンで出会いをものにせよ

逆ナンはあくまでも自然に話しかけられる状況を作ることが重要です。遊んでいると思われないように、服装は清楚系がいいでしょう。素敵な出会いは自分で作る時代ですよ!(Nag/ライター) 

(ハウコレ編集部)

関連記事