2016.11.05

流されても大丈夫?酔った勢いでキスするオトコの本音

これから年末に向けて、お酒の席も増えますよね。プライベートではなかなか交わることのない男性とも、そういう場でなら急接近できるのではないでしょうか。

でも、うっかり羽目を外しすぎると、あとで後悔することになってしまうかも…。カレが本気なら恋のはじまりにもなり得ますが、そうでない可能性もあります。。

そこで今回は、男性に「酔った勢いでキスした理由」を聞いてみました。

1.浮気相手にちょうどいいと思っている

「彼女はいるけど、もう付き合いが長くてドキドキが少ないし、なかなか会えない。だから、火遊び程度ならいいかな…と思って」(26歳/メーカー)

性的欲求は“オス”の本能!目の前にお持ち帰りできそうな女性がいたら、スキンシップや甘い言葉でなんとかベッドインへ誘いたくなってしまう人もいるのかもしれません。

激しく誘ってくるような男性がいたら、要注意。まずはカレと親しい人に、恋人がいるかどうかを確認してみましょう。浮気相手やセフレにされてしまったら、悲しむ結果になるだけですよ。あなたにその気がないのならビシッとお断りしておきましょう。

2.酔うとキス魔になってしまうだけ

「あまりお酒が強いほうではないから、その場の雰囲気に流されて飲みすぎると、妙に開放的になって気になる女性へ猛アプローチしちゃうだけ」(29歳/建築)

お酒を飲むと、多かれ少なかれ気が大きくなるものです。特に「好き」とか「付き合いたい」とは思っていないとしても、思わせぶりなことをしてくる人もいます。うっかり身を任せると、翌朝「ごめん、酔ってた」なんて謝罪メールが送られてくる可能性がありますよ。

男性から思いがけないアプローチがきても簡単に応じない、ちょっぴり“お堅い女子”を目指してみてはいかがですか?きっと本命度がぐっと高まるはずです。

3.急にかわいく見えた

「お酒のチカラなのか、居酒屋の雰囲気なのか、隣に座った女性が可愛く見えて、男として我慢できなくなってしまった」(28歳/IT)

ちょっぴり薄暗く、絶妙な距離感のあるお酒の席では、いままで何とも思っていなかった異性が妙に格好良く見えることがありますよね。実はコレ、男性もまったく同じ!隣に座った女性の横顔に、妙にドキッとする瞬間があるといいます。

でも、残念ながら“お酒マジック”は、日常生活に戻ったときには、効力をなくしているでしょう…。ほっぺにチュウされたからといって、過度な期待をしないようにしてくださいね。

4.キスで好意を伝えるチャンスだから

「お酒の力を借りないと、自分からアプローチするなんて絶対無理!ずっと好きだった女性が飲み会に参加するときは、チャンスだと思ってとりあえず隣の席をキープするかな」(30歳/公務員)

シャイな男性にとっては、お酒が恋のキューピッドになるようです。言葉巧みに…というよりは、まるでプロポーズのような真面目な様子で、あなたに近づいてくるはずです。この場合のキスは素直に「女の子として好き」という気持ちであることが多いでしょう。

そうはいっても、あっさり身を任せてしまうと物足りなさを感じさせてしまいます。あなたにその気があるなら、少し焦らしてみてもいいかもしれません。恋に重要なのは駆け引きですよ!

おわりに

お酒に酔うと、人の本性が表れるものなのでしょう。どんな本音があるにしろ、その瞬間カレがあなたに好意を持っていたのは確かです。お酒からはじまる恋も、あるのかもしれませんよ。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事