2016.11.06

「重たい女」と「一途な女性」は紙一重!?愛され女子になるための4つのコツ

恋人ができると、自分のどんな予定よりも、カレを優先してしまうタイプの女性っているかと思います。

しかし、どんなに好きな相手でも、あまりに依存されたり甘えられたりすると、「重たい」とか「付き合いきれない」なんて感じて逃げだしたくなってしまう男性は多いもの。“愛され女子”になるには、適度な距離感をキープする必要があるんです。

そこで今回は、男性に「重たい…」とは思われない愛され女子になるコツをご紹介します!

1.一方的に依存しない

「『○○くんがいないと、私ダメになっちゃいそう』って言われて、正直ゾッとした。恋愛依存度の高い女性は、別れるとき苦労するって聞くしね…」(28歳/男性/金融)

カップルは多かれ少なかれ、お互いに依存し合っているもの。でも、一方的な依存は男性に負担をかけてしまうだけですよ。「○○くんがいないと、ダメになりそう」などのセリフは重たくとられやすいので注意が必要です。本当に困っているときやツラいときに、カレを一番に頼りにしましょう。

あなたの悩みを打ち明けながら「さすが○○くん」「○○くんに頼ってよかった」と頼りにしていることを強調するのがポイント!言い方を少し変えるだけで、意外と抵抗なく受け入れてもらえるものですよ。

2.感情的に怒らない

「俺の対応が気に入らなかったのか、急に大声を上げて怒りだした彼女。もちろんこちらにも非があるけど、毎回こんな調子だと付き合いきれないと思って別れた。やっぱり結婚を考えるなら、もっとおおらかな女性がいいな」(33歳/男性/保険)
自分の思い通りにならないからといって、大声を上げたり、モノに当たったりしたらダメ!すぐ感情的になる女性はあまり愛されませんよ。

カレに大切にされたければ、同じようにカレを大切にしてあげてください。感情的にならず、冷静に話し合うよう心がけてくださいね。

3.返信を催促しない

「仕事が忙しくてLINEを放置していたら、見たことないくらい着信が入っていて恐怖を感じた。ちょっと返信が来ないくらいで狂ったように怒る女性ってどうなの?恋愛以外に夢中になれることがないのかな」(27歳/男性/メーカー)

メールやLINEの返事がすぐにこないと、苦痛やいらだちを感じてしまう女性もいるかもしれません。でも、「なんで?」「どうして?」とカレを責めたり、ストーカーのように待ち伏せするなんて絶対してはいけないこと。携帯を見たり返事をしたりするタイミングは人それぞれ。カレにあなたのタイミングを押し付けてはいけません。

しばらく返信が来なくても不安にならないためには、「恋」以外にあなたが夢中になれる趣味を見つけるのが一番。スポーツや音楽、料理、手芸など、何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがですか?

4.何でもSNSにアップしない

「何でもSNSにアップされるとウンザリする。デートするたび写真にタグ付けされて、別れを意識した」(24歳/男性/広告)

何かあるとSNSをチェックしたり、頻繁に更新する習慣のある女性は要注意!男性から「プライベートを細かく報告する意味がわからない」「会っていないときも、言動をチェックされている気がして嫌だ」など、厳しい意見が目立ちました。

究極のモテ子になるには、SNSと距離を置くのがベスト。「○時間前にログイン」などと表示されるサービスでは、アクセス時間も分かってしまうので、スマホ依存気味の方は十分気をつけてくださいね。

おわりに

せっかく交際がスタートしたのに長続きしないのは、あなたのちょっとした言動に原因があるのかもしれません。いつまでも変わらぬ愛情を注がれる“愛され女子”になるためにも、今回ご紹介した4つのポイントをこっそり見直して!(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事