2016.11.06

浮気歴のある男子が思わず「こいつと一途に恋したい!」と感じる女子のひとこと・5つ

浮気される子とされない子の違いは何なのか?
それは男子になめられないこと。浮気されない女子には、みんなこの共通点があるわけです。
今回は、浮気経験のある男子30人に「こいつを一生俺のNo.1にしたい!」と思った女子のひとことを聞いてみました。
カレのハートにクギを刺したひとこと、ぜひ参考にしてください。

1.「私なら浮気させない」

「『私なら浮気させないくらい好きになってもらうのにな』とオレの過ちを責めなかった子にぐっときました」(25歳/消防士)

浮気をしてはいけないのは当然。しかし、だからって、「浮気をする方が悪い」というのではなくて、「私なら浮気なんてさせないのに」と捉えるポジティブさがズシンっときたそうです。人の価値観や事情は様々ですから、一方的に決めつけたり非難したりせずに、広い視野をもって色々な角度から物事を見られる人は温かいなと思います。受け入れてもらっている安心感があると、心を開けますよね。

2.「一途になれるような子と付き合ったことがないんだね」

「『本当に愛せる子と、付き合ったことがないんだね』って挑発的なこと言われてムカついたけど、『俺だって本気の恋愛できるんだぞ』ってとこ見せたくなった」(24歳/研究職)

つまり、「浮気をしたくなるようなレベルの彼女しかできたことがないんだね」、「レベルの低い恋愛しかしたことないんだね」というユーモアある皮肉。
これを言われたら、くやしさとともに、「こいつは何者だ……?」と一気に気になり出すはずです。

3.「寂しかったんだね……」

「浮気がバレてもう終わったと思ったら、彼女が『寂しかったんだね』って言って抱きしめてくれて号泣してしまいました。あれから猛反省をして彼女を大事にしてます。早く結婚したいです」(22歳/エレベーター保守)

シンプルだけど、これは強い。女子でも、男子にこれ言われたらグッときますよね。
浮気をしたことがある人だけが理解できる、「浮気をする方もつらい」ってやつですね。

4.「今のうちにたくさん遊んでおきなさい」

「年上の彼女に『今のうちにたくさん遊んでおきなさい』って言われたとき、なんか親っぽい包容力を感じてホッとしました」(20歳/大学生)

彼女から感じた大人の余裕に「この人にはかなわない」と思ってしまったそうです。そして、自分の悪いところも許容してくれたところに安心感を感じたのだとか。
保護者目線の言葉が通用するかどうかは相手との関係性によりますので、そのまま適用するのは難しいですが、これは「やれと言われるとやりたくなくなる」心理の応用なのかもしれません。

5.「ほんとの愛を知らないんだね」

「『ほんとの愛を知らないんだね』とか言われたら、『じゃあ教えてもらおうじゃないの』ってなりますね」(21歳/建設業)

「お!」と一目置かせるような発言があると、急に興味が復活するということもあるようです。カレが前のめり的に食いついてくるようでしたら、いい反応ですね。負けず嫌いなカレには効くのかも。

おわりに

バシッと言える女子はかっこいいですね。
男子に対しては、しっかり芯のあるところを見せて、「フラフラしてたら捨てるぞ」と言葉で示しておきましょう。あなたをなめて利用しようとしていた男子は去っていき、真剣に付き合う意思のある人が残るはずです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事