2016.11.07

久しぶりのデートなのに失敗した!恥ずかしいみんなのNGファッション

「明日は彼と久々のデート!」なにを着ていこうか悩みますよね。自分ではバッチリかわいく見えるコーデにしたつもりでも案外落とし穴があるもの…。今回はデートで失敗したファッションで多かったアイテムを紹介します。あなたもそうならないようにチェックして、楽しいデートに望みましょう!

1.ヒールが高くて歩きづらい

デートならやっぱり脚長効果があって細身に見える“ヒール”をチョイス!
…と気合いを入れて高いヒールをはいて行ったけれど、靴擦れをして痛くて会話にならなかった…遅刻しそうなのに走れなくて彼を待たせてしまった…など失敗談を多く聞きます。

無理してヒールをはくのも良いですが、男性の歩くスピードは女性に比べて早い人が多いですから、それに合わせようとしてサッサカ歩こうとすると疲れや痛みが増します。歩きやすいウエッジソールなど靴はきちんと選ぶことも大事ですよ。

2.ホワイトの服は危険がいっぱい

清楚に見えるカラーと言えば“ホワイト”。
純粋な女の子をイメージして真っ白なトップスやスカートを選んでしまう女性も多いはず!しかし、このチョイスもまた失敗談が多く寄せられています。

「太陽光でパンツが透けてしまった」「ランチのときにトマトソースが飛んでしまって服にシミができてしまった」そんな清楚とはほど遠い失敗を招いてしまうのがホワイト服なんです。
失敗を防ぐためには、透け防止のインナーを着用したり、ペーパーナプキンの使用を徹底したりして、清楚で美しいレディでいられるよう心がけましょう!

3.汗じみが見えちゃった

爽やかな水色のシャツやライトグレーのトップスは避けて! 
「久々のデートなので緊張して汗が出てしまった。トイレに入ってさらに冷や汗。汗じみが…」なんて展開が待ち受けているかもしれません。

夏はもちろんですが、冬場は外と中の温度差が激しく、室内で上着が脱いだら恥ずかしいことになってしまったという経験がある人も多いようです。デートするだけでドキドキして汗をかいちゃいますから、汗染みは念入りに気をつけたいポイント。
インナーを工夫するなどして事前に予防しておきましょうね!

4.雰囲気と格好があっていない

「気合いの入ったコーデなのに、行き先は公園だった…」もしくは、「カジュアルな格好で行ったのに、高級レストランを彼が予約してくれていた」など、場違いの格好をしてしまって大失敗した人も多くいます。
特に、彼にエスコートしてもらう日にはどこに行くのか予測できないこともあるでしょう。事前にどこに行くか根掘り葉掘り聞くのはNGですが、「どんなことをするのか」や「どんな格好で来て欲しい?」など前日に彼に聞いてみてもいいですね!そうすることで恥をかかなくて済みそうです。

素敵なデートを楽しんで

彼との久々のデートは、いつも以上にワクワクして気合いが入りますよね!前の日からしっかりデートの準備はしましょうね。デートに支障がないファッションで、ふたりの時間を満喫してください!(manakko/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事