2016.11.07

彼女の束縛、どこまでOK?男子100人に聞いてみた

あなたはどんなとき「束縛されている」「苦しい」と感じますか?
付き合い始めは多少の束縛も「これこそが愛」と勘違いしやすいもの。
そうやって感覚を麻痺させてるうちに、じわじわとエスカレートし、いつの間にか生活に支障が出ているなんて恐ろしいことにもなりかねません。
今回は10~30代男子100人に「許容できる束縛のライン」を聞いてみました。
もちろん個人差はありますが、世間一般のおおよその基準が見えてきましたよ。

1.「女子とデート禁止」はアリ

「『女の子と二人で会ったりしないでね』とかいうのは理解できるし、こういう束縛はかわいい。こっそり破っちゃうことあるけどね」(25歳/ダンサー)

なるほど。でも、彼女の前では「わかった」って言うのに、裏ではこっそり破っちゃうのはよくないですね。それは裏切り行為です。
ただ、仕事の打ち合わせで異性と2人でご飯を食べることもありますから、デートの定義をちゃんとカレと確認しておいた方がいいですね。

2.「元カノと連絡禁止」もアリ

「『元カノと連絡とるのはやめて』というのも気持ちはわかります。俺だって彼女が元カレと連絡とってたらやだし」(26歳/競艇)

1の「他の子とデート禁止」も同じですが、この場合もお互いに連絡しないことですね。交際相手がいる限り、浮気を疑われることはしないのが常識です。
ただ、「元妻に養育費払うために毎月連絡してる」などの事情がある場合はカレの責務なので、口を出すところではないかもしれませんが……。

3.「その子ブロックして」はナシ

「『その子ブロックしてよ』って指示されるのはナシですね。男女関係なく、友人は大事です」(30歳/アナウンサー)

一方的にブロックするなんて、普通に相手に悪すぎますね。「ただの友達なら悪く思われてもいいじゃん!」とか言いますが、友達だからこそダメなんです。
お金とか時間とか人間関係とか、誰しも人に踏み込まれたくない大事なものがあります。相手の境界線を尊重しましょう。

4.「GPSアプリ」はギリギリOK

「居場所がわかる『GPSアプリ』はギリOKかな。これで安心してくれるなら。こっちが具体的に何かしなくちゃいけないみたいな負担もないし」(29歳/調理師)

これはかなり意見が分かれましたね。何もやましいことがなくても、監視されてること自体に激しい嫌悪感を感じている男子もいます。
待ち合わせのときやフェスではぐれたときなどは便利ですが、GPSアプリを導入する際はカレとしっかり話し合いましょう。
ただ、一回導入してしまえばあとは楽なので、束縛される方としては負担が少ないかも?

5.「会わない日は電話ちょうだい」は臨機応変ならアリ

「『会わない日は電話ちょうだい』ってのは基本OKかな。ただ、どうしても疲れてムリな日とかに、疑われるのは嫌だ」(19歳/製菓工場勤務)

会えない日に声を聞きたいっていうのはかわいいですが、「毎日の義務」になってしまうと、負担に感じてしまうようです。また、早寝早起きと夜型など生活時間帯が合わない2人には、時間縛りのルールは向きません。メールくらいならちょうどいいかもしれませんね。
臨機応変で自由な部分があれば束縛になりません。

おわりに

あなたの「常識」と比べて、結果はいかがでしたか?
「束縛」や「浮気」に対する感じ方が同じであれば問題はありませんが、ぴったり同じというのはまれですよね。自分の意見も言うし、相手の話もちゃんと聞く。やはりこれが信頼関係を築く上で一番大事だと思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事