2016.11.09

何が悪いの!?絶対脈アリだったのに付き合えなかった4つのパターン

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
「毎日連絡とって、デートも頻繁!これは、そろそろ付き合っちゃうんだろうな…♪」なんて思ってたのに、付き合えなかった経験ありませんか?
もしかしたら、その原因ってこれかもしれません!

今回は、絶対脈アリだったのに付き合えなかった経験がある人に取材し、うまくいかなかった4つのパターンをご紹介します。

1.タイミングを逃している

「ある程度仲良くなってデートも何回かしたけど、結局お互い受験生でタイミングを外して結果的にただの男友達になってしまった」(17歳/女性/高校生)

「曖昧な関係のまま忙しくて会えず、会うチャンスを一度なぜか自分で潰してしまいました。お互い好きだとは言っていたのですが、数年単位で移動する職に就く予定の彼とは一緒に暮らせない可能性が高く付き合うのをためらってしまいました」(29歳/女性/学校・教育関連)

恋ってお互いのテンションが高いうちに「付き合おう」ってならないと、その後ずっと付き合えないってこと、ありますよね。
「本当にこの人で良いのかな?」と慎重になる気持ちもわかりますが、タイミングを逃さないように気を付けてくださいね!
また、『結婚はタイミング』っていうのもこれと同じような理由みたいです。恋が始まりそうなら、お互いが燃え上がっているうちに行動を起こすべきですよ。

2.どちらも相手からの告白を待っている

「相手から告白してくるのを待ってたらそのまま月日が経ち付き合えなかった」(20歳/女性/大学生)

「自分から好きと言えなくて、そのままずるずるしてしまい、自然消滅しました」(20歳/女性/大学生)

お互いに「告白してきてくれないな…」って思っている場合もあります。
相手から告白されたいという人も、本当に付き合いたかったら自分から積極的に気持ちを伝えることを大切にしましょう。

3.嫌な一面を見られてしまった

「絶対に両思いだと思っていたサークルの友達。よく家にも遊びに行ってたしデートも何回かしていた。しかし、夏の合宿で私が酔い潰れてしまって彼は激怒。そこから急に冷たい態度になってしまい、周りに私の悪口を言うまでに…」(21歳/女性/大学生)

「ものすごいイイ感じだったのに、あたしの言動が重かったのかフェードアウト…尽くし過ぎる性格が災いしてしまったのかと反省。次に活かす!(笑)」(36歳/女性/その他)

友達以上恋人未満の時期って、とても複雑です。
恋人同士になったあとに「それはちょっと…」と思うことがあればお互いに言い合って解決して仲直りもできますが、付き合っていないときだとなぜか冷めてしまうことってありますよね。
きちんと付き合うことになるまでは、相手をガッカリさせてしまわないように気を付けたいですね。

4.付き合う前に体の関係を持った

「仕事関係で、出会って間もなく恋愛について色々質問されて、どう考えてもその先付き合えるとしか思えない内容だった。それから1年。 最初から遠距離なのですが、年2回だけエッチしたセフレになってしまいました」(30歳/女性/職業不詳)

「何ヶ月も毎日頻繁にLINEして言いたい事も遠慮なく言い合える仲で遊びにも行ったり、周りからもお似合いと言われ、身体の関係まで持ったけどお友達として好きだと振られました(笑)」(37歳/女性/その他)

男性って、付き合うか付き合わないか悩んでいるときに身体の関係を持つと、「だったら付き合わないで、この関係でいっか」って思うんだそうです。
もちろん身体の関係から始まる恋もありますが、後悔しないためにも付き合ったあとの楽しみにとっておく方が良いのかも?

おわりに

いかがでしたか?
「これは、絶対うまくいく!」と思っていたのに付き合えなかったなんて辛すぎますよね。
そうならないように、紹介した4つのパターンを上手に回避して好きな人とうまくいくよう祈っています!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事