2016.11.09

プロフィールは全部ウソだった!?出会い系サイトでの失敗経験

婚活や恋活に欠かせない場となっている出会い系サイト。ふだんの生活のなかでは出会えないような職種や年齢の人とも知り合える絶好の場ですよね。でも、なかには嫌な出会いとなってしまった方もいるようです。そこで今回は、出会い系サイトでの失敗経験について聞いてみました。

■年齢を詐称されていた

「出会い系で知り合った人と会うことになり、待ち合わせ場所に行ったらビックリ!私よりひとつ年上だと聞いていたのに、実際は10歳以上年上のおじさんでした」(28歳/事務)

実年齢が直接、恋愛に影響することはあまりないのかもしれませんが、とはいえ「偽っていた」「恋愛対象外だった」となると、けっこうショックですよね。できれば登録の際にきちんと年齢や身分を確認しているサービスを使うようにするとよいでしょう。 

■会ってすぐホテルに誘われた

「恋人や友人を探していると言って会うまではいい人ヅラしてるくせに、実際に会ったらいきなり『ホテル行こっか!』と言われて萎えました」(27歳/会社員)

サイトなどでのやりとりを通して、会う前からすでに恋人気取りだったのでしょうか。初めて会う日は密室を避ける、エッチするつもりはないとはっきり伝えるなど、自衛するようにしてくださいね。

■ストーカーされるようになった

「ある日、出会い系でお付き合いをお断りした男性が家の前に。警察のお世話になってしまうほどの事態に発展してしまいました…」(25歳/接客)

SNSにアップした写真の背景などからも、簡単に住所が分かると言いますよね。むやみに自宅の近くが写っている写真や、「いま、どこで何をしているか」が分かるような内容を投稿しないようにすることをおすすめします。

■会ってすぐにセックスした

「とても紳士で、優しくて素敵な人だと思ってたのに、初めて会った日に『ドライブをしよう』と言われ、車に乗ったら山奥まで連れて行かれ、むりやりセックスされてしまいました。車に乗った私もバカですが、立ち直れません」(24歳/会社員)

なかには、本当にエッチだけが目当てで出会い系を利用している人もいるようです。見極めるのは難しいことですから、初めて会う日は「ふたりきり」の状況は避けるようにしたほうがいいのかもしれませんね。

■正しい使い方と自衛をして、素敵な出会いを見つけましょう

こういった出会い方がすべて悪いわけではありません。正しい使い方と自衛をしっかりとしたうえで、相手との関係を楽しんでくださいね。(kuri/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事