2016.11.10

焦りは禁物!好きな人に彼女がいるとき絶対しちゃいけないこと4つ

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
誰から見ても魅力的で素敵な男性っているもの。
そんなライバルの多い彼を好きになったものの、案の定彼女がいる…そんな切ない状況になったことのある方も多いのではないでしょうか。
諦めたくても、好きな気持ちってなかなかコントロールできないですよね。
そこで今回は、好きな人に彼女がいるとき絶対しちゃいけないことを考えていきましょう。

1.深く考えずに突進

人を好きになると「好きな人と結ばれるなら、どんな状況でも良い!」と突っ走ってしまう人がいます。
でも、これは絶対にダメ!

たとえば彼が彼女と別れてあなたと付き合う条件として「半年は交際する事実を内緒にしてほしい」と言ってきたとします。
どんな状況になっても良いというのが本心なら半年頑張れるかもしれませんが、実際は「私とのことを内緒にしておいて、元カノと続いてるんじゃないか…」などと疑ってしまいますよね。

どんな状況になっても良い!と口では言いながら、本当は自分なりの希望があるというもの。恋に焦るあまり突進せずに、まずは、どんな結果の両想いが自分にとって幸せなのかしっかり見極めましょう。

2.セフレになる

「彼のそばにいられるなら、どんな形でも良い」と、セカンドやセフレを選択する人もいるでしょう。
でも、これも安易に踏み込んではいけない領域。

人は貪欲な生き物です。彼のそばにいられる立場になったあとに「やっぱり、彼の特別な彼女になりたい」と思って彼女との別れを迫る女性もいるでしょう。
しかし、彼からしてみれば「セフレで良いって言ったから関係を続けてるのに…」とあなたとの関係を面倒くさく感じて、友達の縁すら切ってしまう可能性があるのです。

こうなってしまったあとに正式な彼女になろうと頑張っても難しいでしょう。
特別な彼女にならなくて良い…その気持ちは100%本心で、この先も変わらないと言い切れますか?
自分にしっかり問いかけてみましょう。

3.好きだと伝える

自分をアピールするつもりで、好きだと伝えることも絶対にしてはいけません!
なぜなら、彼があなたからの告白を誰にも言わないとは限らないからです。

もし、周囲にその情報が広まってしまったら…あなたは『彼女がいる男を奪おうとする悪者』として、大勢の人間から嫌な目で見られるでしょう。
そうなってしまっては、いま好きな彼とだけでなく、今後の恋愛すべてがうまくいかなくなる可能性があります。
ですから、彼が彼女と別れるまでは、絶対に好きだと伝えてはいけません!

4.ラブラブなLINEを送ったりプレゼントを渡す

好きだという告白同様、ラブラブなLINEやプレゼントなど証拠に残るものを彼に与えるのもNGです。
彼が意図しなくても周囲がたまたまそのメッセージを見てしまったら好きという思いをアピールするときと同じ結末を辿ってしまいます。
好きな人に気持ちを伝えたり、物を渡して喜ばせたい気持ちはわかりますが、正式な彼女になれるまでは我慢しましょう。

おわりに

いかがでしたか?
彼女がいる人を好きになってしまったら、とにかく焦りは禁物です!
焦って行動して、結果彼を手に入れられなくては意味がありません。
ゆっくりタイミングを待つことを大切にしましょうね。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事