2016.11.10

重くならない伝え方って?彼氏の「よそ見」を可愛く叱るコツ

少し気が多い彼氏と付き合うと、彼のよそ見が気になることはありませんか?ヤキモチを妬いて、ついつい口調が強くなってしまうこともあるでしょう。でも、そんなことが続くと彼も「重い…」と別れを考え始めてしまうかもしれません。
しつこくなりすぎず適度に反省してもらえる「彼氏へのかわいい叱り方」をご紹介しましょう。

1.ちょっとだけ拗ねる

彼に「メンドくせ~」と思われたくないのなら、「怒る」ではなく「拗ねる」手段に出るのがコツ。「他の女の子のことばっかり褒めて、ちょっとヤキモチ妬いちゃう」とかわいく拗ねてみましょう。怒るより拗ねたほうが、彼への愛情が伝わります。「俺にヤキモチ妬くなんて…なんてかわいいやつ!」とあなたのことを大切にしようと気持ちを入れ替えてくれるでしょう。

特に、プライドが高くちょっと俺様タイプの男性には、とても効果のある方法ですよ。

2.「一度だけ」ガツンと叱る

根っからの女好きで、いつもキョロキョロとよそ見をしているタイプの彼には、一度本気でガツンと叱るようにしましょう。「あまりよそ見ばっかりしているなら、別れる!」というニュアンスでガツンと言ってあげるべきです。

ただし、ここで注意しなければいけないのは、だらだらと何回も叱らないようにすること。あまりしつこくガミガミ怒るようなことがあれば、男性は「一度聞けばわかるよ…」と面倒くささを感じていまいます。潔くしっかりと自分の意思を相手に伝えるようにしましょうね。

3.LINEやメールを使って言う

面と向かって伝えるとつい感情的になってしまう…という女性は、LINEやメールなどのツールを使うことをオススメします。正直に、落ち着いて、自分の気持ちを文章にして伝えましょう。丸めた言葉では気持ちが伝わらないことも多いので、「こう思っているから、こうして欲しい」と具体的に伝えるのがポイントです。

さらに、「○○くんのこと好きだからこそこうしてほしいな」などと男性のプライドをくすぐるようなかわいいワードも入れれば、誠実にあなたの気持ちにこたえようとしてくれるでしょう。

4.ヤキモチを妬かせる

彼があなたにヤキモチを妬かせるなら、あなたも彼にヤキモチを妬かせる方法をとりましょう。彼が他の女の子を褒めたら、あなたも他の男性を褒める。彼が、合コンや飲み会に頻繁に参加するのなら、あなたも同じように参加して相手の様子を見てみましょう。

もし、ヤキモチを妬いて怒ってくるなら、「私もいつもこういう気持ちになっている」と伝えれば、彼は反省するに違いありません。もし、このときに何も言ってこないのであれば、あなたへの気持ちが冷めている可能性もあるので、お付き合い自体を考えなおした方がいいかもしれません。

「かわいく」がポイントです

男性が言うことを聞いてくれるように、あくまでも「かわいく」お願いするのがポイント。
また、ヤキモチを妬きすぎると重いと思われて関係性が崩れてしまうことも。あまりテクニックを多用しすぎず、加減をしながらうまく叱るようにしましょうね。(sei/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事