2016.11.12

私も一緒に気持ちよくなりたい!「中イキ」できるようになる方法

彼とのエッチはそれなりに気持ちよいけれど、まだ中でイったことがない女性って実は多いはず。やっぱりエッチをするなら中でイク快感を味わって心も体も満たされたいですよね!今回は中イキできない理由と、イクための対策をこっそり伝授いたします!

■どうして中でイケないの?

原因は人によって変わってきますが、一般的にはふたつの理由があります。
・何か気がかりがあってまだ心が十分に開放的になれていない
・膣がまだ鈍感な状態
もちろん彼のテクニックが一番重要なのですが、このふたつの原因を取り除くことができれば、中でイキやすい体に変えていくことができるのです。

ひとつ目の原因は、彼に気がかりになっている理由を素直に伝え、リラックスした気持ちでセックスに取り組むことが一番の近道ですよ!

■膣を敏感にするには?

ふたつ目の原因、「膣がまだ鈍感な状態」ですが、これは自分でも対策することができるんですよ。

膣の中には「Gスポット」という中イキポイントがあります。位置は膣の入口から3~5cmのとこにある、指をお腹側に向けるとあるザラザラしたエリアです。その位置を自分自身も把握するために、実際に指を挿入して、セルフオーガズムを経験すると良いでしょう。いきなり触っても何も感じないので、はじめはクリトリスなどを刺激してエロティックな気分になることも大事。時間をかけてじっくりと自分のGスポットを把握していくことが第一歩です。

■中イキトレーニングで練習を

最初のうちは、Gスポットにただ触れるだけでは気持ちよくなれません。指の腹でトントンと刺激してみたり、円をなぞったりしながら、気持ちよいと思えるまで根気強く続けてみましょう。そのうち膣や指の動きも慣れ、クリトリスも一緒に触ってあげることでさらに気持ちよさはアップするはず。
こういったトレーニングを続けていると、中への刺激でオーガズムを感じるられるように。そのときの場所や強さの感覚を覚えておくと、彼とのエッチでも同じような状況を自然につくりだすことでき、中イキしやすくなりますよ。

■アダルトアイテムでさらに刺激を

中イキトレーニングで、イク感覚がわかったら今度は彼に試してもらいましょう!自分のGスポットがわかっている分、「そこ」や「ここをもっと!」などとおねだりすると、いつもより積極的なあなたに彼も大興奮しちゃうかも。
またGスポットを刺激するアダルトアイテムも種類豊富なので、彼と一緒に選んでも楽しいですね。いつの間にか心もより開放的になって、さらに彼と情熱的なひとときを味わえるようになるはずです。

より楽しいセックスライフを

膣の中にあるGスポットを把握すれば、ふたりで一緒イクことだって可能。ちょっと勇気を振り絞って中イキトレーニングに挑戦してみてくださいね。(chiii/ライター) 
 
(ハウコレ編集部) 

関連記事