2016.11.16

俺以外すべて禁止!!重~い「束縛オトコ」を優しくやっつける方法

「俺以外の男と遊ばないで」「俺以外の男と連絡しないで」「俺以外の男と…」なんて話、もううんざり!

「アナタ重すぎ!束縛なんてやめて!」とストレートに伝えることができれば問題はないですが、カレとの関係がギクシャクしてしまいそうで中々そうはいきませんよね。

そこで今回は、様々な「束縛オトコ」を優しくやっつける方法を紹介いたします。束縛系彼氏にお困りの方、参考にしてみて下さいね!

1.カレに「愛」を伝える

「カレの束縛に悩んでいて、どうしようもないからとにかくカレに『大好き!』っていう気持ちをたくさん伝えるようにしたんだよね。そうしたら徐々にカレの束縛はなくなってきましたよ。」(24歳/女性/事務)

「もしかしたら彼女は俺のことが好きじゃないのかもしれない」「もしかしたら彼女は浮気してしまうかもしれない」こんな不安から束縛してしまう男性は多いみたい。

そんな束縛オトコをやっつけるには、カレを安心させることが一番手っ取り早いです。「大好き」という気持ちをカレにぶつけて、「俺は彼女に大切にされているんだ」と自信を付けさせてあげましょう。

2.連絡できないときは「事前に」伝える

「カレの心配性がひどすぎたので、全て事前に伝えることにしたんですよね。この日は忙しいからLINEを返せないとか。事前に伝えるようにしてからそんなに干渉されなくなって、気が楽になりました。」(23歳/看護)

束縛オトコは彼女から一定時間連絡が来なかっただけで心配し、「今何してるの?」「なんで返信くれないの?」なんて何件も連絡をよこしてくることが普通です。

心配性な束縛オトコをやっつけるには、何事も「事前に」カレに伝えることが大切。そうすれば連絡をするのが少し遅くなったとしても、カレはヒステリックにならないはずですよ。

3.予定をある程度共有する

「カレが会う度に、『○日は何してるの?』とか聞いてくるのが嫌になったので、スケジュール帳を一緒に使うことができるアプリを使って、予定を共有することにしました。そうしたらしつこく聞かれることがなくなって、イライラも解消しましたね。」(21歳/学生)

束縛オトコは、彼女が何をしているのか逐一知りたいもの。ストーカーをする訳にもいかないので、彼女にいちいち質問するしか手段がありません。

彼の詮索がわずらわしくなってきた場合は、スケジュール帳を共有できるアプリを使い、自分の予定をある程度で共有するようにしましょう。どうしてもカレに伝えたくない予定は、書かなくても大丈夫。一通りアナタの予定を把握したカレは、きっと安心して束縛をやめてくれるはずですよ。

4.カレと同じように束縛してみる

「彼氏に『男の連絡先消して』とか『男がいる遊びには参加しちゃダメ』とか言われたんですよね。ムカついたから同じように『じゃあ女の連絡先を消して』って言ったら自分の言っていることの理不尽さに気付いて謝ってくれました。」(24歳/営業)

カレの理不尽な束縛に悩んだら、同じように束縛してやりましょう。束縛の息苦しさを体験したカレは、きっと重すぎた自分に気付いてくれるはずです。

しかしカレが救いようのない束縛オトコだった場合は、そんな彼女からの束縛に幸せを感じてしまう可能性も。カレの性格を考え、対策法を練ってみましょうね。

おわりに

束縛オトコと付き合っていくには、相当の覚悟とメンタルが必要です。以上のことをしてもなお束縛が収まらない場合は、別れも視野にいれた方が良いのかもしれませんね…。(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事