2016.11.17

告白されたい派のあなたへ!!彼が告白したくなる胸キュンフレーズ・4選

どんなに好きになった相手だとしても、告白する勇気まではなかなかでないですよね。
なんとなく両想いのような雰囲気なのに、どうしても最後の一歩が踏み出せない。
そんなときに彼から告白してくれたら最高に幸せでしょう。
彼に告白をさせるには、「告白したらOKだすよ」というサインを送ってあげることが大切です。

今回は、彼に告白する勇気を与える胸キュンフレーズをご紹介します!

1.「自分から告白できないんだ」

「好きな子から『私、いつも告白できなくて恋が終わっちゃうんだよね』と言われたときには、俺から言わねば!と腹をくくったね(笑)」(21歳/学生)

「どんなに好きでも告白できない」ということを彼に伝えてあげると、あなたに好意を持っている彼を焦らせることができます。
もしも彼にあなたと付き合う気持ちがあれば、「俺から告白しよう」と決断させる、いいきっかけになるかもしれません!

2.「〇〇くんの彼女は幸せそう」

「彼女いないのに『○○くんの彼女は幸せだね~』って言ってくるのは、俺の彼女になりたいってことだよね!?告白するしかないよね!」(20歳/学生)

彼に彼女がいるのかどうか確かめるときにも使えるこのフレーズは、彼に告白させるためにも効果的です。
彼が告白できないのは、たとえ仲が良くても、あなたが彼の彼女になりたいとまで思っているのかどうか不安だからです。
ですから、「彼女だったらな~」「○○君の彼女は羨ましいな」と伝えて彼に期待を持たせてあげましょう。
この一言で、彼が告白するための第一歩を踏み出しやすくなります。

3.「一緒にいると落ち着くな」

「今の関係のように落ち着いた交際が末永くできそうだなって想像できたから、告白しようと思った」(22歳/学生)

「一緒にいて落ち着く」という言葉は、安定して長い期間付き合っていける恋人関係を想像させます
誰しも感情の起伏が激しい短命カップルよりも、気もちが安定していて先の長いカップルになりたいと思いますよね。
そんな将来が想像しやすいと思えば、彼も告白に踏ん切りをつけやすいです。
彼のどんなところに落ち着きを感じるのか具体的に伝えてあげるといいでしょう!

4.「〇〇くんのこういうところが好き」

「褒めてもらえると、なんか認めてくれてるみたいで舞い上がっちゃう!」(20歳/学生)

褒めるときには「○○なところが好きだな~」というように、「好き」をよく伝えるようにしましょう。
「いいと思う」などの褒め言葉よりも「好き」と伝えることで、「私はあなたに好意を抱いているよ」というアピールがわかりやすくなり、彼も告白失敗への不安がなくなるでしょう。

また、彼の行動や性格など具体的に褒めてあげることで、彼の自信にもつながります。
心遣いや、性格などの内面を褒めてあげれば、「俺のことよく見てくれているんだな」と喜んで、告白の勢いも増すこと間違いなし!

おわりに

彼に告白をさせるには、自信をつけるための言葉を彼に掛けてあげることが大事!
さり気ない「好き」アピールを彼に何度もしてあげることで、シャイな彼でも「もう我慢できない!」と告白に踏み切る事間違いなし!(佐久間 優/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事