2016.11.18

感情をうまくコントロール!恋の不安な気持ちを和らげる4つの方法

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

誰でも彼のことを思うがあまりに、不安な気持ちや、疑いの心がわいてきて、時には感情的に行動してしまうこともあるでしょう。
特に、気持ちをあまり言葉にしない相手と付き合っている場合、そういった行動に陥りがちです。

感情的になって、彼を責めたり、束縛してしまうと関係を破たんさせてしまうかもしれません。
今回は、あなたの恋を破たんさせないためにも、恋の不安な気持ちを和らげる方法について、4つお伝えしていきたいと思います。

1.できることに集中する

何を思っているのだろう、どうしたいのだろう、と考えていても彼の心は読めませんし、相手をコントロールすることもできません。
あなたがコントロールできないことについて、いくら考えてみたところで、状況は変わらないのです。

なので、今あなたができることに集中しましょう。
たとえば、自分磨きに励んだり、自分に自信が持てるよう、色々頑張ってみることが大事です。
そうすれば、より魅力的になれますし、彼の気持ちを今以上に惹きつけることが可能なのです。

2.姿勢を正す

人の気持ちは、姿勢の良し悪しに影響を受けます。

不安な時は、どうしても猫背になったり視線が下に向いてしまったりしがちです。
なので、そういった時こそ姿勢を伸ばし、目線を上にあげましょう。

姿勢を上向きにすることで、気持ちを今よりずっと前向きにもっていけるので、不安も解消されて冷静になるはずですよ。

3.早寝早起きを心がける

人は夜遅くまで起きていると余計なことを考えます。
そして、その考えは大抵ネガティブなものであることが多いでしょう。

なので、シンプルですが夜は早く寝るように心がけることです。
寝てしまえば、余計な考えが浮かんできませんからね。

また、朝は夜よりも気持ちが前向きに向きやすいので、早く起きる方がよいです。
日の光を浴びると、自然と気分が前向きになってきて、不安を感じることなく1日を過ごすことができますよ。

4.気持ちを紙に書き出す

不安な気持ちは紙に書き出すようにしましょう。
ネガティブな考えを頭にとどめてグルグルと思い巡らせていると、つい悪い方に考えてしまいます。

なので、いったん紙に書き出して、感じている不安を目に見える形にすることです。
誰に見せるわけでもないですから、正直な気持ちを全部書く。
すると不思議と落ち着いてくるものですよ。

また、書いたものを見返してみることで、現状悩んでいることに対して冷静な判断を下せるようになるはずです。

おわりに

いかがだったでしょうか?

恋愛は感情のコントロール次第で、8割結果が変わるもの。
ただ、コントロールといっても気持ちを抑え込むものではありません。
正しいコントロールとは、不安な気持ちを我慢することではなく、上手く処理していくことなのです。

今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事