2016.11.19

ケアは欠かさず!男子が「乾燥してて残念」だと思う女子のボディパーツ

冬になるにつれて、夏とは違う体のトラブルが出てきていませんか? 乾燥や冷えなどの症状はどれも女子の大敵。今回はそんなトラブルがあると男子が残念に思ってしまう体のパーツを紹介します。

◆ 髪の毛

「冬でも髪の毛がツヤツヤしている子は可愛く見えます。抱きしめたときにパサパサな髪の毛よりもしっとりした髪が顔や手にあたったほうが気持ちが高まります」(29歳/IT)

「冬場に女子がマフラーやストールを巻いたときに、そこからちょっとだけ出ている髪の毛がすごくかわいいと思います。せっかくなので、そこから出ている髪はパサパサじゃない方がいいです」(24歳/飲食)

お肌の乾燥対策はしていても、髪にまではなかなか手がまわらないものですよね。でも髪も肌と同様、乾燥からくるダメージで冬はパサつきやすくなります。ですが、そんな傷んだ髪の毛が彼の肌に触れたら、「ちょっとガサツそうだな…」と思われてイメージダウンです…。週末に集中トリートメントをしたり、お風呂上がりにオイルをなじませてみるなどして毛先の乾燥まで気をつかってみましょう。

◆ かかと

「かかとがガサガサしていたり、ひび割れをしていると途端におばあちゃんとかおかあさんみたいな感じになります。逆にかかとまでつるつるでちゃんと手入れしている子は女の子って感じでいいです」(24歳/飲食)

かかとが乾燥しているとストッキングをはくときに伝線したり、お泊まりして素足になったときにガサガサして気になっちゃいますよね。特にほかの部分はキレイにしている女子なら、荒れたかかとがよけいに目立って男子はガッカリしてしまいます。ガサガサになったり、ひび割れてからのお手入れは治るまでに時間がかかります。乾燥してきたかなと感じたらこまめにクリームを塗りましょう。

◆ ひざ・ひじ

「室内でコートとかカーデガンを脱いで薄着になったとき、露出度が高いとそのギャップでドキドキします。でも、ひざやひじが白かったりすると生活感が出ている感じでなえます」(28歳/サービス)

「エッチしているときに、ひざやひじなどの体の細かい部分までプルプルしていると興奮します」(22歳/学生)

冬に乾燥しやすいパーツのひざとひじ。彼とじゃれあったときや抱き合ったときにカサカサしていると、せっかくのロマンチックな雰囲気の中で現実が見えて、男子が萎えてしまします。お風呂上がりは特にボディークリームを塗るなどしてお手入れをしましょう。

◆ 唇

「寒い日に、唇の血色が良かったり唇がうるうるしている子は色っぽく感じる。スノボとか行ったときに、唇がぽってりと血色が良いと白い雪の中でかなりかわいく見えると思います」(24歳/飲食)

「どんなに可愛くても唇がガサガサだと残念な気持ちになります。血色が悪いのもイヤです」(21歳/学生)

彼を惹きつけるには潤いを保っておきたいのが唇。キスをするなら絶対に触れるポイントですから、ここがガサガサだったりすると魅力が半減してしまいます。寒くなると乾燥するうえに血色まで悪くなりますよね。化粧ノリがいまいちなときに唇までカサついて色味もないと不健康に見えてしまいます。

どんなにお化粧がうまくのらなくても唇だけはふっくらと色味よく保つようにしておきましょう。オイルやクリームなどをしっかり塗って寝て、日中はリップクリームを活用するようにしましょう。

◆ 足の爪

「座敷に上がったときなど、ちらりと見えた足の爪がキレイにネイルされているとテンションがあがります。むしろ手のネイルより足のネイルをすべき!この子、こんなところまでちゃんと手入れしているんだといろんな妄想がわいてきます」(28歳/事務)

冬は厚手のストッキングや靴下などで見えにくい足の爪。だからこそなにかの拍子でちらりと見えたとき男子の妄想がふくらみ、テンションは一気にあがります。見えないところまできちんとケアしておきましょう。足の爪は伸びにくいので、ジェルネイルをして長持ちさせておくのがラクちんです。

おわりに

厚着になる冬だからこそ、見えないところまで気をつかってみましょう。女子らしい手入れの行き届いたパーツに触れたり見たりすることで、男子の妄想は一気にふくらみます。冬の感想に負けない体づくりをして、彼をあなたに夢中にさせてくださいね!(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事