2016.11.22

ゲレンデマジックを無効化する「スキー場でのNGメイク」

いよいよ冬も本番! 冬の定番デートといえばスノーボードですよね。ゲレンデマジックという言葉もあるほど、いつもと違うシチュエーションではかわいく見えるものです。でもこんなメイクをしていたらいくらゲレンデでも男子はひいちゃいます。今回はそんなスノボをするときのNGメイクを紹介します。

◆ 汗でにじみまくり

「汗をかいたのか、目の下がマスカラかなにかで真っ黒な状態で滑っていた子がいました。気になってしょうがなかったです」(21歳/学生)

「帽子を脱いだり、ゴーグルをつけたり、慣れない手袋をつけて顔まわりを触っていたらいつのまにか眉毛が消えていました…」(27歳/公務員)

天候や場所によっては、スノボ中は意外に汗をかきます。しかも一度ゲレンデに出てしまったらなかなかお化粧をチェックしたり、直したりできません。眉毛やマスカラ・ファンデなどは汗をかいたりこすってもにじまないように、ウオータープルーフを使いましょう。

◆ 気合いを入れ過ぎ

「好きな人とのスノボで気合が入ってメイクが濃くなりました。メイクをしているときはちょっと濃いかなと思ったくらいだったけど、ゲレンデにでたら太陽の下ではものすごく濃く見えました。すっぴんメイクぐらいの友達のほうがナチュラルで断然かわいく見えました」(24歳/サービス)

彼に可愛いと思ってもらうために、メイクもつい気合が入ってしまいますよね。でもシチュエーションが日中であることをお忘れなく。かつ、雪のレフ板効果で肌のちょっとしたトラブルはごまかせます。ファンデーションは薄くしていきましょう。ゲレンデのナチュラルメイクはかわいさをぐっとひきたててくれますよ。

◆ メイクがウェアと合っていない

「ウエアの色がきつめのピンクだったのに、濃いピンクのリップとピンクのチークで行ったので、ド派手になってしまった」(22歳/学生)

「スノボのウエアは派手な色が多いので、メイクも色を使うと南国の鳥みたいな感じになると思います」(24歳/出版)

毎日のメイクは洋服に合わせて考えることができても、スキーウェア用のメイクと言われるとなかなか難しいですよね。でも、ウェアの色にあわせてリップやチーク・アイメイクの色を選ぶなどして、「派手になりすぎない」コーディネートをするよう意識してみてください。

◆ 日焼け止めが白浮き

「冬は日焼け止めをあまり使わないので、夏に残った日焼け止めを塗っていきました。たくさん塗ってしまったのと、しばらく使っていなかったので、日焼け止めが固まっていて真っ白な顔に。さらに雪が反射して真っ白に。友達に舞妓さんみたいだねと言われました」(23歳/メーカー)

スキー焼けを防ぐために、つい日焼け止めを厚めに塗ってしまいますよね。でも日焼け止めは厚めに塗ったからといって効果が高くなるわけではありません。あまりにたっぷり塗ると白浮きしてしまいますので、SPFの高いものを適量塗ることを心がけましょう。ポーチやポケットに入れてこまめに塗り直すことが大事です。

おわりに

ゲレンデでかわいく見せることができれば、彼はあなたにメロメロになります。ヘア・メイク・ウェア、全身でコーディネートを考えてかわいくしあげちゃいましょう。「この子、やっぱりかわいい!」と彼に思わせて、素敵な冬の思い出をたくさん作ってくださいね!(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事