2011.10.19

靴やウェアにこだわっても、呼吸法までは考えてなかった!登山初心者にもオススメ-山歩きは腹式呼吸で

 

 

スー~~。ハー~~。山の空気は格段にうまい!と感じますよね。腹式呼吸とは歩くための呼吸法でもあります。

 

でも腹式呼吸ってどうやればいいの。と美人さんは特にお悩みの方が多いようです。それではさっそくはじめましょう。


基本の確認

大きく息を吸う。大きく息を吐く。横隔膜を使用しての呼吸が『腹式呼吸』と言われていまして、その身体構造上女性はもともと苦手だそうです。(女性の多くは胸式呼吸)


鼻から吸い込み口から出す、のです。どうですか、簡単にできたでしょう。覚えておいてくださいね。鼻から吸って口から出す、です。

きっかけをつかむコツ

山行ハイキングの道中時には息をしながら歩いている(当たり前か)。というわけですのでやろうと思ってもなかなかきっかけがつかめないというときにお試しください。

 

やろう!と思ったら、まず息を吐いてください吐いて吸う、です。スタートは=吐く、です。

 

呼吸は吸ってから吐くもの。これは常識。きっかけはこれを覆すことで呼吸に意識を向けさせるのです。


 

人に教えることができたら上級者

物事を教えるにはまず自分がマスターしてないと教えられないですものね。きちんとマスターしていないと教える熱意があっても伝えることがあいまいになってしまいます。教えていて改めて基本を知ることができるというものでもあります。ですから自分のためにもなります。

人に教えるときのアドバイスの方法

アドバイスとして、まず息を吐いてもらってください<口からですよ>。次に息を…吐いてもらってください<口からね>。で次には、またしても息を吐いてもらってください<しつこいようだけれども口から>。123ハイ!

 

ここでもう一度息を吐いてもらってから息を吸い込んでもらってください<吸い込むときは、そう鼻からと言ってあげてください>。

 

脳の血管にジワ~といきわたる感覚を味わえたらミッションクリアです。おつかれさまでした。

さいごに

山歩きのみならず日常でも脳の活性化に意識して腹式呼吸を取り入れ快適にお過ごしになられますように。最後までお付き合い、ありがとうございました。

関連記事