2016.11.22

LINEを制するものは恋も制する!?恋が成功しやすいLINEテク・4選

今や欠かすことのできなくなったコミュニケーションツール、LINE。毎日使っている人も多いのではないでしょうか?LINEは恋愛をするうえでも、必要不可欠な要素になりつつありますよね。せっかく好きな人とLINEでコミュニケーションをとるなら、「この子とLINEするの楽しいな…」なんて思われたいもの。

今回は、恋愛が成就しやすい4つのLINEテクをご紹介します。

1.相手のペースに合わせること

LINEの基本は、相手のペースに合わせること!よく「長文は引かれる」「スタンプの連打はモテない」なんて言われていますが、相手が長文であれば長文で返すのが正解。大切なのは、相手にとって「居心地がよく返信しやすいLINEだ」と思われることです。短文な彼には短文を、長文な彼には長文を意識しましょう。

また、返信するスピードも相手に合わせるのが◎ 
相手が返信に1日かかる人なら、ゆっくりとこちらも返事をし、相手の返信が1時間に1回とハイペースなら、できるだけペースを速めて返すと「この子とのLINE、楽しいな」と思われるでしょう。

2.返事は質問で返すこと

LINEは直接会って話をするコミュニケーションツールではありません。そのため、会っているときも話題が途切れてしまうことがしばしば…。相手に会話を丸投げするのではなく、相手に質問をする積極性が、LINEをどんどん盛り上げていきます。映画を観たと言われたら「その映画、どうだった?」と質問で返し、「今度ご飯にいこう」と言われたら「いいね!」だけではなく「どんな食べ物が好き?」と質問で返すこと。
今まで受身だった女性は、毎回質問をするのが大変なことだと気づくでしょう。相手が話しやすい質問を心がけるだけで、親密度は増していきます。

3.スタンプでギャップ萌え

長文でも短文でも、文字ばかりが続くと疲れてしまうもの。ほどよくスタンプを使って息抜きをすることも大切です。このとき、普段はかわいらしいキャラでいるなら面白い変わったスタンプを、反対に面白いキャラでいるなら可愛らしいスタンプを使うことで、ギャップを演出できます。意外性がある女性は恋愛をするうえでも強いもの。普段とは違った自分をスタンプでアピールしましょう。
また、相手の使っているスタンプを「それ素敵だからダウンロードしちゃった!」と報告して使うのもあり。相手への好意を伝えるきっかけにもなりますよ。

4.頼みごとをして距離を近づける

ふたりのLINEに慣れてきたら、思い切ってお願い事をしちゃいましょう!たとえばこんなふうにするのがgood!
▽「行ってみたいラーメン屋さんがあるんだけど、女1人じゃ入りにくくて…。一緒に行ってくれる?」
▽「新しいパソコンが買いたいんだけど、どれがいいのかわからなくて、何かオススメある?」

男性は頼りにされるのが嬉しいもの。気になっている女の子であればなおさらです。可愛くお願いごとをして、男性を頼りにしちゃいましょう。これでデートにつなげれば、LINEだけでなく2人の親密度もアップしそうですね。

おわりに

LINEを制するものは恋も制する!好きな人とのLINEをどんどん楽しんで、幸せな恋愛を手に入れちゃいましょう!(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事