2016.11.23

これってお世辞?「○○さんって可愛いよね」と褒める男性の心理

あなたの周りに、何かにつけて「◯◯さんってカワイイよね」と言ってくるものの、決してデートには誘ってこない男性がいませんか?

何回も褒められると、こちらはちょっと意識してしまいますよね。では、カワイイと言いながらも口説いてこない男って、いったい何を考えているのでしょうか。元女探偵の筆者が、そんな男性心理について解説します。

・ちょっと好意がある

外見が好みで、あわよくばエッチでもできたらいいな……と思っている女子に対して、挨拶代わりのように手当たり次第「カワイイね」と声をかける男性もいます。

たくさん声をかけていればその分チャンスも増えますし、女性の扱いに慣れている態度にクラっと来てしまう女子もいるので、うまくいくパターンがあったのかもしれませんね。ただ、真剣にガッツリ口説いているというよりは、あなたの反応を見て落とせるかどうかの可能性を見極めているという段階でしょう。

・照れる様子が可愛くてつい…

おそらくあなたを褒めてくる男性は、ハリウッド女優のように容姿を褒められることに慣れている美女に対しては同じように褒めないはず。褒められて照れる様子や、焦る様子を見て「態度がカワイイ」と思っている可能性が高いです。

恋愛感情でカワイイと思っているというよりは、褒められて照れているピュアな姿が見たいというところでしょう。

・ただの処世術として使っている

母親や姉妹が強い家庭で育った男性に多いのですが、彼は女性を褒めることが大事だということを刷り込まれているのかもしれません。とりあえず褒めておけば女性は決して悪い気はしない、ということを身をもって知っているので、挨拶がわりに褒める癖がついているのです。

また、帰国子女の男性のなかにも「女性を褒めることが当たり前」と外国人のような感覚を持っている人もいます。あなた自信に気があるのではなく、その場をうまく収めるために使っているのです。褒め言葉を処世術として使うタイプの男性かどうかよく見極めて勘違いを避けましょう。

・他に会話のきっかけがないから

あまりよく知らない人と話すときって、会話のきっかけに悩みませんか?容姿やファッションは会話のきっかけになりやすいものです。「その眼鏡センスがいいですよね」など、男性の小物を褒めるのと同じような感覚であなたのことを褒めたくても、何を褒めていいか分からないから無難に「カワイイ」しか言えないのかもしれません。

この場合、違うネタで盛り上がれるようになると、もうカワイイとは言ってこなくなるでしょう。でも、まったく言われなくなると、それはそれでちょっと寂しく感じるかもしれませんね。

おわりに

いずれのケースでも、「カワイイね」と直接言葉に出して褒めてくる男性は割と誰にでも気軽に言っている場合が多いので、あまり本気に取らないほうがよいでしょう。意識して本気になってしまっても相手にされない可能性が高いので、褒められているのを楽しむくらいが正解だといえます。あまり真剣にとらえず、「ありがとうございます」とこちらも軽くあしらうくらいにしておきましょうね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事