2016.11.26

妥協恋愛にサヨウナラ!あえて彼氏を作らず女を磨く術とは!?

実は、ハウコレ世代に多い妥協恋愛。「好き?なのかな…?でも彼氏がいないのも嫌だし…」といった感じで、なんとなく彼と付き合っていませんか?婚活中ならある程度の妥協も必要かもしれませんが、まだまだ若いハウコレ世代。ここはあえて彼氏を作らず女を磨いてみてはいかがでしょう?

■彼氏がいない時期がない女子は、妥協恋愛女子!?

○ヶ月彼氏がいない、○年彼氏がいない、なんて期間は、できるだけ短いほうがいいと考える女子が多いはず!でも、「彼がいない時期」がなく、別れてすぐ付き合って、また別れてすぐ付き合って…、なんて状況なのであれば、恋愛を妥協している「妥協恋愛女子」になっているのかもしれません。

いい恋をしたい、というよりかは、彼氏がいない時期を怖がっていて、少しでも恋の雰囲気を感じたら、「この彼でもいいから、ロマンチックな気分に浸りたい」と無意識に思っているのかも。

ひとつの恋が終わったら、ある程度の「冷却期間」と「準備期間」が必要です。
それは、自分にとってどんな人がふさわしいのか?どんな人を求めているのか?と自分と向き合う時間。つい妥協恋愛傾向があるのであれば、まずひとりの時間を作ってみませんか?

■コツ1、断る術を覚えよ!

「こんな俺だけど、どうかな?」
「とりあえず付き合ってみてさ、それからお互いを知っていこうよ」
そして、それを断り切れずに、なんとなく付き合って、なんとなく別れてしまっていませんか?たしかに、付き合ってからも親密になっていくのが恋ですが、自分の恋心に「彼でいいの?」といったん聞いてみるのが◎。

せっかく勇気を出して気持ちを打ち明けてくれたのに断りにくい…。もし、相性抜群の相手だったら、ここで心象を悪くしたくない…。そんなふうに考えずに、自分が真剣に恋愛を考えていることや、恋人未満だからこその目線で、もっとお互いを知ってからにしたいと、率直に伝えてみれば大丈夫!

「まあ、彼でいいかな?」より「彼じゃなきゃダメ!」という相手が見つかるまでは、ちゃんと「断る」。これがいい女になる第一歩です!

■コツ2、自分自身を知ろう!

なぜひとりの時間が必要か?それは、自分自身を知るためです。恋愛していると、いろいろなことで心が激しく動いてしまいますよね。でも、その揺れ動く感情にふりまわされているうちは、まだまだお子様!

「自分はこんなことが我慢できない」「こんなときは、こうしてほしいのが自分」「ちょっと○○な傾向があるから、△△と考えるようにしたほうがいい」などなど、自分の感情や考え方の傾向を分析して、感情に振り回されないよう、自分自身を研究してみませんか?自分自身の事を分かったうえで恋愛すれば、きっと今までよりいい恋愛ができるようになるはずです。

■コツ3、いい距離の男子を夢中にさせよう!

女を磨くには、近くにいる「いい距離の男子」を夢中にさせるスキルを磨くのがおすすめです。こんなシチュエーションなら、こんなしぐさやセリフでドキドキさせられる!落ち込み気味な男子は、こんな女子が癒しになる!など。

こんな「いい距離の男子」を夢中にさせるテクニックを上達させていけば、本命男子が現れたときにも柔軟に対応できるようになるはず!まずは、彼氏がいない期間に、恋愛の練習をしてみるといいかもしれません。

●おわりに

恋愛は相手がいるものなので、付き合っている期間は、やっぱり相手のことが最優先になってしまいます。恋に恋しすぎているみなさんは、一旦彼氏作りをお休みして、女を磨いてみてはいかがでしょう?(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事