2016.11.28

「返信が遅い」と怒る彼とは別れたほうがいい

LINEやメールの返信が遅いと怒るような彼とは、さっさと別れちゃいましょう!
今回は、そんなお話をしたいと思います。

■彼はなぜ怒るのか?

返信が遅いと怒る背景には、「もっとはやく返信がほしいと思っていた」あるいは「返信くらいさっさと来て当たり前」という、ちょっぴりひとりよがりな期待感があります。その期待を裏切られたから怒るわけですよね。
「彼女からの返信?まぁいつでもいいよ、だって既読になっているのだから、彼女がお手すきのときに返信くらい来るっしょ!」と思っている彼は、返信が遅いくらいで怒りません。

つまり、あらゆる怒りの原因は、待てないという理由に尽きるわけです。
コンビニのレジで怒っている人は、たいてい長い行列に待てない人です。どこかの会社のカスタマーサービスに電話をかけて怒る人は、オペレーターにつながるまで待たされたことに、すごくイラッとした人です。
そんな「待てない男」と交際しても、ロクなことがありません。

■待つことの効用

これは「いい女」になるために、女子も知っておいて損はないことです。
女子で「遅い!」と感情的に怒る人も少ないかもしれませんが、たとえば好きになった相手に彼女がいて、彼がその彼女と別れるまで待ちたいのに、気持ちが先走ってしまって待てない……というケースは、わりとあるでしょう。
こういうケースって、なにも待つことが最良のことだとは思いませんが、待ちたいと思う気持ちがあるのであれば、やっぱり我慢強く待ったほうがいいでしょう。
その結果、彼と付き合うことができなくても、待つ時間のなかでふつう、人はものを考えます。そしてその「時間をかけて考えたという行為じたいが」あなたのことを、人として成長させてくれるのです。

***

つまり返信が遅いと怒るような男子は、常に成長がない人なわけです。そういう彼のことが好きで、結婚したくて、でも彼の待てない性格が嫌いで……でも好きだから結婚したい……こう思って結婚したところで、結婚生活はちょっぴり淋しいかもしれません。

■怒りはあなたのことを「解放」してくれない

結婚生活とはふつう、果てしない日常の繰り返しです。
たとえば夫婦そろって朝起きて、会社に行って、おうちに帰ってごはんを作って食べて、寝る……これを来る日も来る日も繰り返すわけです。
それが生きることそのものだから、そういうルーティーンには、なにも罪はありません。
そういうルーティーンのなかにいても、男女双方が、日々少しずつ成長できている実感が得られたときにはじめて、「毎日がおなじことの繰り返し」という息苦しさから、人は解放されるわけです。

返信が遅いだけで怒りだす彼は、成長がないから、そういう彼と結婚しても、ルーティーンの息苦しさから解放されない……ゆえに、どんなにそういう彼のことが好きで結婚しても、彼の怒りっぽい性格がわざわいして、ちょっぴり不幸な結婚生活になるのでは?ということです。

***

もっとも世の中にはいろんな人がいて、長い人生のなかに成長など求めない人だっています。そういう人にはさっぱり関係のない話かもしれません。
でも、何歳になっても彼と一緒に、豊かな生活を送りたいと願っている人が、ホントはきっと多いのだろうと思います。「枯れたような生活でOKっしょ!」なんて思っている人は少ないですよね。

ひとたび彼のことが好きとなってしまうと、怒りっぽい彼の性格も許してしまう女子が多いかもしれません。好きとなれば、彼のあらゆる性格を許し受け止める女子も多いでしょうから。
でも、ささいなことで怒る人の背景には、じつに多くの「大変なこと」があるというのも、事実なのです。
「彼のことが好き!」という気持ちが、あなたが幸せになるのを阻んでいるケースもあるということを、心の片隅に置きつつ、冷静に恋愛を楽しんでみてはいかがでしょうか。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事