2016.11.28

彼の口癖はどれ?よく使う『接続詞』でわかる、気になる彼の落とし方

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
人の性格って、その人自身の表情や服装・持ち物など様々なものに表れますよね。
会話の中でよく使う『接続詞』ひとつとっても、それぞれ特徴があるものです。
そこで今回は、よく使う『接続詞』からわかる男性のタイプと、有効なアプローチ方法をタイプ別にご紹介いたします。

1.『いや、でも』…強い信念を持つ男性

『いや』や『でも』が口癖の彼は、自分の意見をあまり曲げたがらないタイプの男性。
「これが正しい!」と強い信念を持っていることが多いので、人より敵を多く作りがちです。
「どれだけ敵を作っても、自分のことをわかってくれる人がひとりでもいれば良い」と考えていますので、そんな彼が気になるあなたは彼の味方になってあげましょう。
「○○くんの考えてること、よくわかるよ」と寄り添ってあげると、彼は「俺のことを理解してくれてるから、この子と一緒にいると落ち着くな」と思うようになり、あなたから離れられなくなるでしょう。

2.『つまり、要は』…意外と融通のきかない男性

『つまり』や『要は』が口癖で、話していることをまとめたがる彼は、頭の良さやリーダーシップを褒められると喜ぶタイプ。
また、自分の中で理解できたことだけに賛同するので、理解できないことに対しては反発心を消せない、ちょっぴり融通がきかない男性でもあります。
そのため、趣味や金銭感覚が似ている女性と付き合うとうまくいきますが、自分の趣味に理解を示してくれない女性とはケンカをしがち。
また、女性の趣味も自分の理解できないものだと「なんで、そんなことにお金かけるの?」などと言われてすれ違いになることも。彼とあなたの趣味や価値観があまりにも違うと、我慢して付き合うことはできても結婚は難しいかもしれません。

3.『だから』…温厚タイプと短気タイプにまっぷたつ

『だから』が口癖の彼は、温厚なタイプと短気なタイプの真逆のふたつに分かれます。
言い方がキツくなく、『だから、~なんだね』と話す彼は温厚で争いごとが苦手。
人とモメるくらいなら自分の気持ちを隠したままの方が良いと考えているので、その優しさを褒めてあげるとうまくいきやすいでしょう。
逆に『だからさぁ…!』と、自分の言いたいことを一度でわかってくれないことにいらだちを覚える短気な彼なら、物事をすぐに理解する頭の回転が早い女性を求めています。
彼の考え方の特徴などを把握し、一番の理解者になることがうまくいくコツです。

4.『逆に』…目立ちたがり屋さん

『逆に』が口癖な彼は、ちょっぴり目立ちたがり屋さん。
コミュニティの中で、注目されることに喜びを見出すタイプです。
人と違うことこそが自分の良さだと思っているので、「○○くんって、本当に変わってるよね!」「普通の人とは違うよね」という褒め言葉がキラーフレーズ。
1対1で褒めてあげるのも良いですが、みんなの前で言ってあげると、より彼を喜ばせることができますよ。

おわりに

気になる彼のよく使う接続詞に注目して、彼のタイプに合った最適なアプローチ方法でアピールしてみてくださいね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事