2016.11.29

計算高い女子のほうが純粋に彼のことを愛せている

計算高く恋愛している女子って、怖がりさんなんですよね、だから計算高い女子のほうが、純粋に彼のことを愛しているんですよね……と書いても、話が飛びすぎていて理解できないと思います。
今回はそのへんのことを、もう少し丁寧に一緒に見ていきたいと思います。

■まずは恋愛以前の話から…

計算高い女子の中には、見ていて驚くほど自分のことしか考えていない人もいます。そういう人の恋愛は、「恋愛以前」の話なので、今回は触れません。
つまり恋愛というのは、言ってみれば「相手のことを思いやることで初めて成立する行為」なわけですから、自分のことしか考えていない女子の恋とは、恋愛以前の話であり、ようするに「話の外」です。

彼のことが好きなのに、彼は最近ちょっと冷たくて……たとえばこういうときに、計算高く、彼に手料理を振る舞うタイミングを見計らっていたり……彼とエッチする頻度を計算づくで読んでみたり……こういうケースに関してお話します。

***

人が計算高くなるときとは、恐怖心を抱いているときです。先の例でいえば、彼女は彼の態度が冷たいことに怯えている……だから計算しちゃうわけです。

計算ができるほどの能力に恵まれていない女子のことを思えば、もっとわかりやすいかもしれません。
恋愛の危機を前に、多少の計算ができない(しない)女子のなかには、パニックになる人もいますよね。危機を前に、みずから心を閉ざして、恋をフェードアウトさせちゃう人だっていますよね。
でも計算ができるほどのセンス(というか「視野」)があれば、ふつう、危機を前に計算しまくって、そのことで彼が驚くこともあるでしょう。

■恋の「両方」を知らないと純粋な恋はできない

計算ができる女子がなぜ純粋なのか?といえば、恋のいい側面も悪い側面も知っているからです。
恋の純粋な側面しか知らない人は、恋の悪い側面を見ようとしないから「それしか知らない」のです。

たとえて言うなら、かわいい子犬の純粋無垢な面しか見ないまま、子犬を飼うようなものです。でも子犬って、言うまでもなく、ものを噛んで破壊しちゃうし、そのへんにおしっこをします。そういう「嫌なところ」に目をつむって子犬を飼うと、子犬がいい迷惑だ……というのは、誰だって理解できる話でしょう。

***

恋愛だって、非常に純粋無垢で素晴らしい側面と、非常に人間臭くドロッとした側面の両方を併せ持っています。
そしてその2つの側面を行ったり来たりしながら、ふつうは愛が深まっていきます。
その「いいほう」だけを見るというのは、ちょっとズルいのです。ホントに見えないからいいほうしか見ていないというのであれば、かわいげのある話ですが、「見たくないものは見たくない」となってしまえば、それはオトナとしてちょっとズルいですよね。
高校生にもなれば(最悪、20歳もすぎれば)、恋愛の両面を見るべきなのです。

***

つまり恋の両面を知って、その「よくないほう」をどうにかしようと思うから、ふつう人は計算高い行為に打って出る……こういうことです。
だから、計算高い恋愛をしている女子のほうが、ホントは(根は)純粋に恋をしているということになるのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事